ジャニーズ「圧力疑惑」への対応に浮かぶ大疑問

証拠の有無は問題ではなく解釈が甘すぎる

ただ最近は、「ジャニーズさんには以前よりも柔軟に対応してもらっていますよ」という声が増えるなど変化の兆しが見えていました。もちろんジャニーズのスタッフにも素晴らしい人材がいますし、特に現場の最前線で奮闘する人の中には、圧力とは無縁の人も少なくありません。それだけに今回の報道に対する組織としての対応には、疑問を抱いてしまうのです。

テレビ局のトップは今こそコメントを

“圧力”に対する解釈の問題があるのは、テレビ局も同じ。前述したような不自然な状況があるにもかかわらず、「圧力はない」「忖度していない」という姿勢は通用せず、ジャニーズ同様に今回の報道に対する説明責任があります。

しかし、説明どころか、この報道を扱う番組が少なく、扱ったとしても淡々と読み上げるストレートニュースのみ。ふだんはさんざん司会者とコメンテーターたちがコメントをぶつけ合うワイドショーも、この報道に関してはそんなシーンは見られませんでした。他業界のニュースには言いたい放題なのに、自らの業界に関しては口をつぐんでいるのです。

当然ながら世間の人々は「逃げた」「ずるい」と感じていますし、「扱わない、言わないのは、圧力や忖度があったからだろう」と結論づけてしまいました。テレビ業界全体がジャニーズ同様のイメージダウンを被り、世間の人々に「時代に合わない商慣習を続ける旧メディア」という印象を与えてしまったのです。

公正取引委員会の調査に関しても、「ジャニーズとの関係悪化を恐れて圧力を明言できなかった」という疑いがあり、現在も「誰が最初に声を挙げるか」というチキンレースのような状態。しかし、今こそテレビ局のトップは、コメントを発表したほうが良いでしょう。「ウチはジャニーズ事務所に関わらず、芸能事務所に過度な忖度はしない」「元SMAPの3人に自社の番組に出演してもらいたい」とコメントするだけで、大幅なイメージ回復につながるはずです。

あるいは、たとえばジャニーズ退所をきっかけに終了した香取慎吾さん出演の「SmaSTATION‼」(テレビ朝日系)と「おじゃMAP!!」(フジテレビ系)、草彅さん出演の「『ぷっ』すま」(テレビ朝日系)、稲垣さん出演の「ゴロウ・デラックス」(TBS系)を復活させる。または、中居正広さんが司会を務める番組に3人をゲスト出演させる。次クールのドラマにキャスティングするなどの方針を示せば、それ以上の効果が期待できるでしょう。

次ページテレビは世間と企業あってのビジネス
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 日本と中国「英語教育格差」
  • 検証!ニッポンの労働
  • 岐路に立つ日本の財政
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
文具業界を揺るがす動乱<br>「コクヨvs.プラス」の全真相

昨年末のぺんてる株をめぐる文具2強によるプロキシーファイト(委任状争奪戦)。両社のバトルには、8月に設立したプラスの卸子会社が2年前の計画で一度頓挫していたことにも伏線が。縮小する文具業界再編をめぐる壮絶な主導権争いに迫ります。