旭化成が踏み切った"旧体制"との決別

4月就任の新社長に権限を一本化

「宮崎(輝)、山口(信夫)が長く代表取締役会長にいて、さらに代表取締役社長が併存する形で長くやってきた。特に、山口の時代までは、会長が人事権を持ち、社長が業務を執行する形だった。そこを変えようということだ」と伊藤会長は話す。

あさの・としお●1952年生まれ。75年東京大学薬学部卒業後、当社入社。2011年旭化成ファーマ社長などを経て、14年4月社長就任予定

旭化成は、中興の祖といわれる宮崎氏が1985年から1992年まで、日本商工会議所会頭も務めた山口信夫氏が1992年から2010年まで会長だった。山口氏は山本一元・元社長、蛭田史郎前社長、藤原現社長と3代の社長人事を決めていた。

「何かを決めたり、やろうとしたりするときに(会長と社長の)2人を見なければいけない。それはムダだからやめて、社長に権限を集中するワントップ体制にしたい」(伊藤会長)。

このタイミングで踏み切った理由は、今2014年3月期は過去最高益を更新する見込み(当期純利益860億円を計画)であることと、2015年3月期も現状より大きな経営リスクがないからだという。

今回の体制変更は、経営判断のスピードを早めるのが目的だ。ワントップとして名門企業の舵取りを託された浅野新社長。その重圧をはねのけ、さらなる成長へと結びつけられるか。

(撮影:今井康一)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 30歳とお金のリアル
  • グローバルアイ
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 日本人が知らない古典の読み方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
世界のエリートは<br>なぜ哲学を学ぶのか

この世界はどこへ向かおうとしているのか。難問に立ち向かうためにエリートたちが頼りにし始めたのが哲学だ。ビジネスの現場でも使える最新哲学入門。今日から使える10の哲学用語解説と、今読むべき哲学本20冊の紹介も。