旭化成、“第2のサランラップ"育てる

家庭用洗剤「フロッシュ」に懸ける狙い

女優の宮崎あおいさん(=タイトル下写真=)が、ドイツのホームステイ先で老夫婦のお皿洗いを手伝う――。そんなほのぼのとした光景が描かれた新しいテレビCMが、3月22日から全国でオンエアされている。食器用洗剤「Frosch(フロッシュ)」の広告だ。

「フロッシュ」はドイツのヴェルナー&メルツ社が製造する日用洗浄用品のブランドで、世界40カ国以上で販売されている。環境や肌に優しい低刺激性の洗浄成分を配合しながら、十分な洗浄力を備えているというコンセプトが特徴で、ドイツ国内でも信頼されるブランドとして評価されている。

旭化成が日本国内の独占販売権を保有

日本ではもともと一部の輸入雑貨品を通じて販売されてきたが、昨年2月から旭化成グループの旭化成ホームプロダクツが、日本国内における独占販売権を取得。スーパーやホームセンター、ドラッグストアなど約2万店を通じて、日本の消費者に販売している。

その旭化成グループが3月21日、報道陣を招いて東京都内でフロッシュの新CM発表会を開催した。発売1周年を兼ねたイベントで、CMキャラクターの宮崎あおいさんがゲストで登場。さらに、これまで展開してきた家庭用洗剤とキッチンクリーナーに加え、今後はトイレやお風呂用洗剤などバリエーションを順次広げ、2015年度にフロッシュブランド商品全体で売上高50億円を目指すことや、旭化成とヴェルナー社で商品の共同開発を進めていることも明らかにした。

「フロッシュの販売は好調で、これまでの実績は当初計画を50%上回っている」と旭化成ホームプロダクツの山崎龍麿社長は言う。発売後40万本のサンプル配布なども手掛けたが、「清潔感、透明感のある」(山崎社長)宮崎あおいさんを起用したテレビCMの効果も大きいという。

次ページ旭化成グループにおける位置づけは?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 憧れから一歩前へ! キャンピングカーのある日常
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「満足度No.1」は本当か<br>英語コーチング広告で紛糾

近年急拡大し伸び盛りの英語コーチング業界が広告・宣伝のあり方をめぐって真っ二つに割れています。大手プログリットの広告に対し、同業他社が猛反発。根拠薄弱な宣伝文句が飛び交う、ネット広告の構造問題に迫ります。

東洋経済education×ICT