エステーvs.小林製薬、消臭芳香剤で火花

ミゲル効果?「消臭力」がトップの「消臭元」を猛追

「ショウ~シュウ~リキ~~♪」

ポルトガル・リスボンの街並みを背景に、少年「ミゲル」が熱唱する。エステーが消臭芳香剤「消臭力」の拡販を狙って展開してきたテレビCMシリーズだ。だが、ふと考えてみてほしい。このテレビCM、消臭力の商品についての詳しい説明は、まったくない。何とも不思議だが、この特徴的な宣伝手法が消臭芳香剤市場に、変化を与えている。

消臭芳香剤の市場規模は年間540億円程度。昨今の“香りブーム”も追い風に堅調だ。新年度を控えた今の時期は、各社の新製品が相次いで登場する春商戦のまっただ中でもある。

小林製薬がトップを走る

この市場ではトイレ用、玄関用など豊富な種類をそろえる小林製薬とエステーが“2強”として君臨。小林製薬がトップを守り、エステーは2番手だが、ここへ来てその差が縮まりつつある。直近で2社が集計を公表している12年4~12月の消臭剤売上高は、小林製薬が前年同期比横ばいの245億円、一方、エステーは165億円と大きさそのものは劣るが、前年同期比でみれば3.5%増とシェアを拡大しているのだ。

特に明暗を分けているのは、両者の基幹ブランド。小林製薬「消臭元」の売上高は11年初から頭打ち状態にあるのに対し、エステーの「消臭力」はここ2年、毎年2割前後の成長を遂げている。流通チェーンによっては、エステー「消臭力」が単月売上高でトップに立つ例も出てきている。

洗濯用洗剤、歯磨きなどとは異なり、消臭芳香剤の機能を明確に差別化するのは難しい。実際、小林製薬とエステーの商品も、価格帯や見た目、機能などで似通った点が多い。では、なぜ2社のシェアが縮まりつつあるのか。実は意外なキーワードがある。東日本大震災。震災を経て明確に分かれた、両社の広告宣伝戦略が背景にある。

次ページ自粛ムードにどう動いた?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 岐路に立つ日本の財政
  • CSR企業総覧
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT