エステーvs.小林製薬、消臭芳香剤で火花

ミゲル効果?「消臭力」がトップの「消臭元」を猛追

震災直後は日本全体が自粛ムードにあふれ、テレビCMの出稿量は激減。その中で、「においのつかないムシューダ♪」のフレーズで知られる防虫剤「ムシューダ」をはじめ、かねて特徴的なテレビCMを打ってきたエステーは、いち早く「日常に戻ろう」という考えのもと、テレビCMを再開した。それが、少年「ミゲル」が熱唱する、まったく商品の詳しい情報が登場しない“不思議なCM”だった。

エステーの仕掛けは、その後も続いた。ミュージシャンの西川貴教氏(T. M. Revolution)のライブにミゲルが出演。その模様を次のCMで使う。CMソングを音楽配信するなど、CMそのものをコンテンツ化し、「消臭力」やエステーという会社のイメージを根付かせる戦略を採った。

手薄だった若い顧客層を開拓

次回のCMの撮影秘話を先出しするなど、ツイッターや自社サイトを積極的に利用したことも功を奏した。エステーにとって手薄だった若い顧客層に響き、「消臭力」のブランドイメージを構築。実際の購買につながったとみられる。

一方の小林製薬も、テレビCMには強いこだわりを持つ。香りの種類、商品の効果的な使い方、においを吸収するろ紙の構造など、1コマ15秒という短い時間にできるだけ多くの商品情報を詰め込む。他方で、バックミュージック(BGM)など余計なものは極力そぎ落とすのが小林製薬流。商品名にすら触れずに終わるものもあるエステーのCMとは、まさに対局的である。

次ページ小林製薬の状況は?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ストロング系チューハイの光と影
ストロング系チューハイの光と影
「電話嫌いの若者」が急に増えた意外すぎる理由
「電話嫌いの若者」が急に増えた意外すぎる理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「未来を知る」ための読書案内<br>ベストブック2021

先を見通せない日々が続きますが、本を開けばアフターコロナ時代のヒントがあふれています。本特集では、有識者や経営者、書店員らが推薦した200冊を掲載。推薦数の多い順にランキングしました。あなたにとっての珠玉の1冊を探してみてください。

東洋経済education×ICT