高齢者の「うつ病」ほど早期治療が必要な理由

女性の「4人に1人」がうつでもおかしくない

高齢者の場合、「認知症」と「うつ病」を見分けるのが難しいと言われています。高齢者のうつ病対策はどうすればいいのでしょうか?(写真:しげぱぱ /PIXTA)  
睡眠欲や食欲など、さまざまな意欲を失わされる「うつ病」。現代人の多くが悩まされる病ですが、とくに老人の場合は、「認知症」と見分けることが難しいなど注意が必要です。高齢者はうつ病とどう向き合えばいいのか? 老年精神科医として、これまで多くの患者を診察してきた和田秀樹氏が解説します。

ボケ、認知症とは異なる「心の老化」で、とくに気をつけたいのが「うつ病」です。「心の老い仕度」としては、むしろこちらのほうが大切です。

うつ病は、「心の風邪」とよくいわれます。そう呼ばれるほど、誰もが発症する可能性がある「心の病気」です。ただし、「心の風邪」という言葉の響きほど「軽い病ではない」ことも、しっかり知っておく必要があります。

「うつ病」は放置してはいけない

うつ病は、放っておいてよくなるものではなく、「こじらせるとリスクが大きい」という点で、「万病のもと」といわれる風邪と共通点があります。軽いからといって放置していい病気ではありません。とくに高齢の人のうつ病は、認知症と勘違いされたり、放置されたりしがちで気をつけないと大問題につながるのです。

うつ病についての誤解や偏見もまだまだあるので、本人も、家族をはじめとする周囲の人も、うつ病についてきちんと知っておくべきことがいろいろあります。

いちばんの問題は、「うつ病が原因で自殺する人」がかなり多いということです。欧米での推定では、自殺した人の約70%は、うつ病にかかっていたとみられているのです。

ほんの数年前まで、日本では「年間3万人超」の人たちが、さまざまな理由で悩みを抱いた揚げ句、自殺の道を選択していました。しかし、その後の対策によって、自殺者は減少しています。

この自殺者数の減少には、何かと評判が悪い、かつての民主党政権が自殺対策を行ったことが影響したといわれています。民主党政権のときに、うつ病対策として、「お父さん、眠れてる?」というポスター告知を展開するなど、「うつ病の疑いがあれば早期に医者にかかる」ことを推奨したのです。

次ページ「不眠」と「うつ」は密接な関係がある
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
トレンドライブラリーAD
人気の動画
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
AOKI、コロナ禍で売れた「パジャマスーツ」で描く復活戦略の要諦
AOKI、コロナ禍で売れた「パジャマスーツ」で描く復活戦略の要諦
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
持たざる国・日本に大激震<br>エネルギー危機が来る

脱炭素の移行期に化石燃料の争奪戦が勃発。天然ガスの価格は歴史的な急騰を記録しました。余波はサプライチェーンの混乱から世界経済の後退懸念、原発待望論まで広がります。資源小国の日本が生き残る道はあるのでしょうか。

東洋経済education×ICT