修学旅行生が東京で学ぶ「パラ運動会」の醍醐味

行事の1つとして中高生が体験する狙いとは?

プログラムの最初は、アイマスクを着けて視覚障害者の体験をする。見えない状態で仲間を見つけていく。つい手を上げてしまうが、相手にはわからないので、声を出し、肩を組んで固まっていく。

アイマスクを着けて視覚障がい者の体験をした生徒たち(筆者撮影)

目が見えない体験をした後、「普段、目の不自由な方に声をかけるときは、時計に見立てて『何時の方向』とか言うとわかりやすいですよ」というアドバイスを受けたが、見えない体験した後だけに、腑に落ちる。

次に「シッティングバレーボール」を行った。シッティングバレーボールは、その名のとおり、座って行うバレーボール。1956年に戦争によって体が不自由になった人のためにオランダで考案された、パラスポーツの原点ともいえる競技。2020年東京パラリンピックでも行われる。

6人制でコートは通常のバレーボールより狭く、ネットの高さも低い(男子1.15メートル、女子1.05メートル)が、ルールは基本的には同じ。

シッティングバレーボールの体験をした生徒たち(筆者撮影)

座った姿勢でプレーし、サーブ、スパイク、ブロックのときは、お尻を床から離すと反則になる。片方の足を曲げ、片膝を立てたあぐらのように構えて、手は後ろにつき、前後左右に素早く動くことが要求される。体勢が決まっているので、健常者も一緒に楽しめるスポーツでもある。

パラスポーツならではの気づきを体験してほしい

「周囲の応援が力になりますよ」というアドバイスも必要がないほど、さすが中学生、対抗戦とあって応援合戦も盛り上がりをみせる。

車いすを使ったポートボールの体験をした生徒たち(筆者撮影)

車いすを使ってのポートボール、最後には車いすでチーム対抗のリレーとプログラムが進んでいく。

車いすポートボールでは、車いす同士でのぶつかり合いもあった。車いすリレーでは、引き継ぎの際に周りのみんなが協力して向きを変えたり、乗り降りの手伝いをするようになっていく。

通常のスポーツ以上に、パラスポーツはコミュニケーションや助け合いが必要。そうしたことに気づいてもらうのが運動会の目的の1つでもあるが、中学生の柔軟さですぐに気づき、工夫し、実行していく。あっという間にプログラムが終了した。

次ページ体験した生徒たちの感想は?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 財新
  • 今見るべきネット配信番組
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT