修学旅行生が東京で学ぶ「パラ運動会」の醍醐味

行事の1つとして中高生が体験する狙いとは?

体験した生徒たち。「思ったより難しかった。パラスポーツの選手はすごいと思った」「車いすが難しい。車いすバスケットもやってみたいと思った」「普段体育でバレーボールをしているけど(シッティングバレーボールは)座ったままだと上半身をうまく使わないとだめだと思った」「目隠しするとだれがどこにいるのか、近くにいても全然わからない。学校ではできない体験で楽しかった」。

外交辞令でないのは表情でもわかる。それぞれ、何かを見つけたようだ。

教育委員会でもオリ・パラ教育を進めている

自身も車いすリレーの教員チームに参加した松永博司校長は同中就任1年目で「去年までは1日班行動でしたが、半分の時間を使ってパラスポーツの難しさや面白さ、競技に全力で取り組む選手の努力を実感してほしいと思いました。

車いすリレーで盛り上がる生徒たち(筆者撮影)

安城市の教育委員会でもオリ・パラ教育を進めています。クラスも4月に新しくなったばかりなので、この体験を通してさらにいい雰囲気になった。思ったとおりの狙いが実現できたと思います」と、クラスごと、チームごとの「結束ぶり」に目を細める。

「学年全員で集まって、絆を深めるという目的は達成できた。視野を広げることができたと思います」と豊岡学年主任も効果を実感していた。

生徒たちは着替えると、すぐに数人の班になって「お台場に行きます」などと、散っていった。

修学旅行で神社仏閣を見て歴史を学ぶのもいいが、パラスポーツの運動会というのは、2020年に向けて生きた経験になるとともに、神社仏閣巡りをするのとはまた違ったよい思い出になったはずだ。

これから秋の修学旅行シーズンがくる。パラスポーツ運動会プログラムは、あすチャレ!運動会事務局から申し込むことができる。来年でも、パラリンピックが終わった後でも、経験の価値は変わらない。いい「修学」になるだろう。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 財新
  • 今見るべきネット配信番組
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT