就活「優秀な人採る」イメージ強いTOP20の特徴

総合商社、コンサル、航空、広告は高嶺の花?

断トツは伊藤忠商事だ。文系122人、理系54人、計176人が選んでいる。4位の同業の三菱商事(文系32人、理系14人、計46人)のほぼ4倍である。異様なハイスコアだ。

「入社している学生の学歴を見て、東大や慶応ばかりだったから」(千葉工業大学・理系)

「難関と言われる商社、かつ、大手だから」(関西外国語大学・文系)

「下の大学になるほど通るイメージがない」(関西大学・文系)

伊藤忠が他を圧倒

総合商社の就職人気は以前から高く、入社のハードルは相当高いと考えられてきた。そして、そんな中でも現在では伊藤忠商事が抜け出し、圧倒的な難関企業と考えられている。

次ページほかの総合商社のイメージは?
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 最新の週刊東洋経済
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 女性の美学
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
新車販売の3割が自社登録<br>BMW「自爆営業」の実態

高級輸入車BMW。その国内販売店で今、大量の新車が中古車として売られている。日本法人が課した厳しいノルマで、ディーラーが自社登録しているのだ。本誌はBMWジャパンの強引な販売の証拠となる内部資料を入手。背景にも迫る。