日銀6月短観、大企業製造業は「プラス7」に悪化

非製造業は「プラス23」、前回調査から改善

 7月1日、日銀が発表した6月全国企業短期経済観測調査(短観)よると、大企業・製造業の景況感は2期連続で悪化した。写真は川崎市の京浜工業地帯で2009年6月に撮影(2019年 ロイター/Toru Hanai)

[東京 1日 ロイター] - 日銀が1日発表した6月全国企業短期経済観測調査(短観)よると、大企業・製造業の業況判断DI(良い-悪い)はプラス7となり、前回3月調査から5ポイント悪化した。同非製造業はプラス23で、前回調査から2ポイント改善した。大企業製造業の悪化は2期連続、大企業非製造業の改善は2期ぶりとなる。

ロイターがまとめた民間調査機関の予測では大企業・製造業の業況判断DIはプラス9で結果はこれを下回った。同非製造業の予想はプラス20で、これは予想を上回った。

先行きは大企業・製造業がプラス7で足元から横ばい、同非製造業がプラス17で、足元から悪化が見込まれている。

大企業・全産業の2019年度の設備投資計画は前年比7.4%増だった。民間調査機関の予測の同8.9%増を下回った。日銀幹部は、過去平均よりも高い水準で推移していると述べた。

6月短観は、5月の連休明けから激化してきた米中貿易摩擦の影響が注目されていた。

 

(清水律子 編集:平田紀之 グラフ作成:田中志保)

関連記事
トピックボードAD
マーケットの人気記事
  • 実践!伝わる英語トレーニング
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
中高一貫校<br>子どもが幸せになる学校選び

中高一貫校人気が戻ってきたが、学校の選び方は変わりつつある。偏差値だけでない子ども本位の物差しだ。自主性重視か規律重視かなど4要素による「校風マトリックス」やランキングなど、独自の分析で子どもに合った学校が見えてくる。