子どもの貧困 日本の不公平を考える 阿部彩著

子どもの貧困 日本の不公平を考える 阿部彩著

ОECD(経済協力開発機構)の報告では、日本の相対的貧困率はアメリカに次いで第2位。それは当然、大人の所得に依存している子どもたちにも及んでくる。

経済的な理由で教育機会が制限され、より上の学校に進学できなければ、恵まれた職にも就けず、その結果、低所得となり、低水準の生活から抜け出せなくなる。この負のスパイラルから脱するためにはどうしたらいいのか。

国立社会保障・人口問題研究所の研究者である著者は、「すべての子どもが享受すべき最低限の生活と教育を社会が保障するべきである」という立場から、さまざまな政策を訴える。そこから浮かび上がるのは、日本の社会保障制度の劣化の著しさでもある。

岩波新書 819円

Amazonで見る
楽天で見る

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • トクを積む習慣
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 本当は怖い住宅購入
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
おうちで稼ぐ、投資する!<br>在宅仕事図鑑

コロナ禍の下、世代を問わず広がったのが「在宅で稼ぐ」ニーズ。ちまたにはどんな在宅仕事があり、どれくらい稼げるのか。パソコンを使った「デジタル小商い」と「投資」に分け、誰にでもできるノウハウに落とし込んで紹介します。

東洋経済education×ICT