3度結婚をした46歳女性の「本心に率直」な人生

ガマンし続ける結婚への素朴な疑問

W不倫だろうが、バツ2だろうが、自分の思うままに生きる女性が、それでも魅力的に見えてしまう理由とは?(イラスト:堀江篤史)

「1度の結婚で『この人!』と思える人と出会えたらいいですよね。でも、私みたいにそうじゃない人もいます。昔は『仕方ない』と諦めて、結婚生活を続ける人が多かったかもしれません。

でも、今の時代に我慢を重ねる必要はないと思うんです。例えば、体の相性が悪くてセックスレスが続いてしまうならば、別れたほうがお互いにいいのではないでしょうか」

この連載の一覧はこちら

品川駅前のホテルに入っている中華料理店でちょっと豪華なランチを食べながら、石坂直美さん(仮名、46歳)の話を聞いている。20代でアメリカの某州に渡り、現在に至るまで現地で働きながら暮らしている女性だ。

年に1回は日本にも出張して得意先を回っているという。そのタイミングでインタビュー取材に応じてもらった。よく日焼けしたはっきりとした顔立ち、膝丈の黒のワンピース。やや日本人離れした魅力を放つ美人である。

3度目の結婚でやっとつかんだ幸せ

40歳のときに3度目の結婚をした直美さん。夫の広行さん(仮名、43歳)は前職の元同僚だ。W不倫の末に妊娠し、直美さんはシングルマザーになる覚悟で離婚。その後に広行さんも離婚したので一緒になったという。目まぐるしい人たちだな……。

「最初の夫と結婚したのは25歳ですが、同棲を始めたのは20歳でした。再婚したのは30歳。そして、今の結婚が40歳のとき。10年周期なのでそろそろヤバいかな、なんて思うこともあります」

悪い冗談を言いながら明るく笑う直美さんだが、最初の結婚生活は生命の危険すら伴うものだった。相手を仮にリチャードさんと呼ぶ。

「10歳年上の姉もアメリカに住んでいて、私も小学生の頃から何十回も渡米していました。現地にも友だちがいて、みんなで騒いで遊んでいましたね。リチャードも仲間の1人です」

次ページ高校を卒業してからアメリカの短大へ
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナでもブームは過熱中<br>不動産投資 天国と地獄

家計のカネ余りを背景に、マンションやアパートなどへの投資熱は冷める気配がありません。しかし、不動産投資にリスクはつきもの。先行きが見通せない状況で、何が優勝劣敗を分けるのでしょうか。現場の最前線を追いました。

東洋経済education×ICT