スバル車がアメリカで売れ続ける「2つの要因」

現地で試乗したSUV「アセント」の乗り味は?

スバル「アセント」の後ろ姿(筆者撮影)

フットワークはキビキビというよりも重厚な味付けで、穏やかな特性ながらも操作に対して忠実なステアリングとハンドリング、前後バランスがよく安心感の高い4輪の接地性、無駄な動きが抑えられた抜群のロールコントロール、スバル最良と言ってもいい直進安定性の高さ、アタリの優しいフラットな快適性、大きく向上している静粛性を実現している。

乗る前は「北米向けなので大味なのでは?」と思っていたが、実にスバルらしい3列SUVに仕上がっていた。ただ、「日本へ導入すべきか?」といわれると、さすがにサイズが大きすぎる。せめてマツダCX-8くらいの全幅に抑えられれば何とかなりそうかも!?

トヨタとEVを共同開発

このように順風満帆なスバルの北米戦略だが、この流れを日本にそのままスライドできるかというと、そうはいかない……。

例えば、安全性に関しては今も「アイサイト神話」があるものの、最近はライバルメーカーの進化も相まって優位性は減っている。信頼性に関してはハード面での優位性はあるものの、完成検査問題/リコールも相まって決して高いとはいえない状況である。

また、今もコンベンショナルなガソリン車がメインストリームの北米市場に対して日本市場は電動化の流れが著しいが、独自開発の1モーター「e-BOXER」だけでは役不足は否めない。しかし、先日トヨタと中・大型乗用車向けのEV専用プラットフォーム、およびCセグメントクラスのSUVタイプのEVの共同開発を発表。個人的には、水平対向エンジン/シンメトリカルAWDというスバルのコア技術を使わず、スバルの“味”をどう構築させるのか、非常に興味がある部分だ。

また、北米と同じように「求めるクルマが適切なタイミングで発売されているか?」という部分は、スバル入門者に対してハードルを下げる役目のモデルは用意されているが、コア層向けの「さすがスバル!!」と思ってもらえるようなプラスαを持ったモデルは残念ながら減っている。例えば、ほかのメーカーが積極的に採用を進めるMTは今ではWRX STIのみ……。このあたりはまもなく世代交代と噂される「レヴォーグ」と「WRX」に期待したい。

日本にはアメリカの「LOVEキャンペーン」を行わなくても、スバルを愛してくれる「スバリスト」が数多く存在する。ただ、ちょっと優しすぎるのと「あばたもえくぼ」な部分があるので、決して彼らに甘えてはいけない。現在、スバルは「モノを作る会社から、笑顔を作る会社に」をスローガンにしている。笑顔を作るためには、現状に満足せずスバルらしい独創的な技術をより磨いてほしいと願っている。

自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 財新
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT