夫の「いま何時?」「アレどこ?」への超対処法

「ささいすぎる質問」にヘトヘトな人たちへ

マンガの会話をオンライン上などで交わしたのはけっこう前のことなのですが、実は後日談があります。

最近、私が夫になにげなく質問をしたところ「それメール送っておいたでしょ」と言い返されたのです。それも何度か。あれれ、立場逆転現象が起きてる??

よくよく考えると、思い当たることはいくつかあるのです。

夫が以前よりも家事を担当する回数が増えたこと(時短調理機器のホットクックに夫がはまったことが大きい)。夫が前よりも予定をメールなどでちゃんと送ってくれることが増えたこと。

立場の逆転は夫主導の管理になってから

そんな状況の変化の中で、私のなかで無意識のうちに夫に「甘えたり」「頼ったり」する気持ちが芽生え、ついつい自分で確認すればいいことを聞いてしまったのかも……?もちろん今でも夫から質問されることもあるのですが、前ほど私がイライラしないで対応しているような気もします。やっぱりこれも上の理由と関係しているのかも……?

ちなみに、マンガに登場した「家族3人の質問にキレてグーグルホームを導入した」家庭でも、最近同じことが起きているそうです。そちらの理由は、夫主導で予定管理をするシステムに変えてから、とのこと。

ああ、夫婦って、どんどん関係が変わっていって面白いなあ!とつくづく思う今日このごろなのです。

というわけで、今回学んだ「家族がつかれないためのヒント」は……

家族がちょっとしたことを何でも聞いてきてつかれた。

アレクサ、グーグルホームなどIT機器で対応。
逆質問で返す。
それでもイラッとするなら、生活自体を見直そう。

さて次回からは、オランダに住むあるカップルの家事育児事情を紹介します。ヨーロッパでも最も合理的な国のひとつ、と言われるオランダの子育てとは……?

この連載にはサブ・コミュニティ「バル・ハラユキ」があります。ハラユキさんと夫婦の問題について語り合ってみませんか? 詳細はこちらから。
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
先陣切った米国の生産再開<br>透けるトヨタの“深謀遠慮”

米国でトヨタ自動車が約50日ぶりに5月11日から現地生産を再開しました。いち早く操業再開に踏み切った背景にあるのが、日本の国内工場と米トランプ政権への配慮。ドル箱の米国市場も国内生産も守りたい巨大グローバル企業の深謀遠慮が垣間見えます。