「MBAを取っても残念な人」がハマる3つの勘違い

見失うとヤバい「もっとも大切な学び」は何か

「勘違いMBAホルダー」は、なぜ生まれるのでしょうか(画像:U-taka/PIXTA)
「MBAホルダーは頭でっかちで使いづらい」「いや、やはりMBAホルダーは優秀だ」
人によって評価が大きく分かれるMBA。MBA取得は実務に「有効」なのだろうか、それとも「無駄」なのだろうか。
18年間読まれ続けたロングセラーの改訂版『MBAエッセンシャルズ 第3版』の共著者である内田由里子氏が、「MBAをとっても残念な人」が抱える「3つの勘違い」を解説する。

最近は国内でもMBAをとれる学校が増え、ビジネスパーソンにとってMBAはさらに身近なものになってきました。私もアメリカのMBAを修了して、入学前には思いもよらなかった人々との出会いやビジネスの広がりを感じています。

『MBAエッセンシャルズ 第3版』(書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします)

しかし、「数百万円以上の投資をしてMBAをとる意義ってあるんだろうか」と考えている人も少なくないかもしれません。ビジネスパーソンによってMBA取得の目的はさまざまかと思いますが、時にMBAに期待を抱いてしまい、残念な思いをする人もいます。そこで、MBAを最大限に活かし、MBAをとっても残念な人にならないために何をすればよいのかを考えていきたいと思います。

まず、せっかく時間とお金をかけてMBAをとったのに残念な思いをする人の勘違いとはどんなものでしょうか。さまざまなパターンがありますが、よくある勘違いは以下の3つです。

① 「MBAさえ取れば何とかなる」という勘違い
② 「MBAでは『知識』さえ習得すればいい」という勘違い
③ 「MBAを取れば『起業家』として成功できる」という勘違い

順番に見ていきましょう。

「MBAを取っても残念な人」の3つの勘違い

勘違い①:MBAさえ取れば何とかなる

まず、申し上げたいことは、ただMBAさえ取れば突然何かができるようになり人生の扉が開けるわけではないということです。もちろん、すぐに出世や収入アップにつながるわけでもなく、世間から認められるわけでもありません。

MBAは大学院を修了した修士としての学位であり、MBAがあれば何かの特権を与えられるわけではありません。ただ大学院を修了したという事実が残るだけです。

次ページ勘違いが招く「大きな不幸」とは
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
  • 若者のための経済学
  • 内田衛の日々是投資
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
新車販売の3割が自社登録<br>BMW「自爆営業」の実態

高級輸入車BMW。その国内販売店で今、大量の新車が中古車として売られている。日本法人が課した厳しいノルマで、ディーラーが自社登録しているのだ。本誌はBMWジャパンの強引な販売の証拠となる内部資料を入手。背景にも迫る。