IKKOさん「笑いの素人」なのにTVでウケる理由

マツコも一目置くカリスマ的オネエタレント

ヘアメイクの分野では華々しい実績を誇るIKKOさん。バラエティー番組でもお茶の間を楽しませてくれる、その魅力とは?(写真:ロイター/アフロ)

テレビに出ているオネエ系タレントの中で、人気・実力ともに最高峰と言えるのはマツコ・デラックスさんでしょう。毛色の違う冠番組を多数抱え、いずれも人気を博しています。

そんなマツコさんが、オネエ系タレントの中で唯一「あの人にはかなわない」という人がいます。それが美容家のIKKOさんです。確かに、IKKOさんがバラエティー番組に出たときの破壊力はすさまじいものがあります。

ヘアメイクの世界で圧倒的な実績を誇り、「美のカリスマ」と呼ばれているにもかかわらず、テレビでは体を張ってバカバカしい企画に真剣に挑んでいきます。『とんねるずのみなさんのおかげでした』(フジテレビ系)で、落とし穴に落とされて、かつらが取れてしまったのはもはや伝説になっています。

再ブレイクした「美のカリスマ」

IKKOさんはここ10年あまりテレビに出続けている息の長いタレントですが、最近はとくに注目度が高まっていて、再ブレイク中とも言われています。そのきっかけになったのは、チョコレートプラネットの松尾駿さんがIKKOさんのものまねでブレイクしたことです。

IKKOさんのものまねをするチョコレートプラネットの松尾駿さん(写真右)(写真:時事通信)

松尾さんはバラエティー番組でもIKKOさんの格好で出演することが多くなり、今では本人よりもテレビで見かける機会が多いほどです。

松尾さんのものまねは、声も見た目も本人そっくり。2007年に新語・流行語大賞トップテンを受賞したIKKOさんの決めフレーズ「どんだけ〜」も、松尾さんの活躍によって改めて注目されることになりました。

タレントの中には、ものまねされることを嫌がる人もいるようですが、IKKOさんは松尾さんのものまねの面白さを認めて、大絶賛しています。「松尾ちゃんは私の妹」と公言して、着物をプレゼントしたりしています。テレビで共演して、2人で「どんだけ~」をユニゾンで響かせていることもあります。

IKKOさんの代名詞とも言えるのが、「どんだけ〜」「まぼろし〜」「背負い投げ〜」といった決めフレーズの数々です。芸人にとっての「ギャグ」のようなものです。芸人は自分のギャグを言う機会をつねにうかがっています。ほかの芸人から話を振られると、すかさずお決まりのギャグを返していきます。

次ページIKKOさんと芸人の「大きな違い」
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 不妊治療のリアル
  • 奨学金借りたら人生こうなった
  • ベテラン車両の肖像
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT