ベンツAクラス「A200d」乗ってわかった最新進化

力強さと上質さを両立するハッチバックの実力

ハッチバックの優等生! メルセデス・ベンツ「A200d」の進化っぷりを検証します(写真:LEON)
2019年3月25日にAクラスのラインナップに追加されたメルセデス・ベンツ「A200d」。「ハイ、メルセデス」の呼びかけで起動するボイスコントロールシステムは話題に。いえいえ、このクルマの魅力はそこだけじゃありません。その詳細をリポート!

ハッチバック×ディーゼルという特別な価値

80年代のゴルフやファミリアで一世を風靡したハッチバックは、2020年代を前にしても魅力が薄れていない。なにより機能的で、扱いやすい。好きなハッチバックでゴルフだろうと山登りだろうとサーフィンだろうと出かけると、気分が若々しくなる。

本記事はLEON.JPの提供記事です

最新のお勧めは、メルセデス・ベンツ「A200d」だ。日本では2019年3月25日にAクラスのラインナップに追加されたモデルで、「ハイ、メルセデス」という呼びかけで起動するボイスコントロールシステムを備えるいっぽう、力強いエンジンパワーと、上質なステアリングフィールという基本がしっかり出来ている。

最新世代の2リッターディーゼルエンジンは、CクラスやEクラスに一足先に搭載されて実力証明ずみのユニットだ。コンパクトなサイズとアルミニウムのシリンダーブロックなどによる軽量化が特徴で、さらにもうひとつ、徹底的に排ガスのクリーン化が追究されているのも大きなセリングポイントである。

後輪駆動主体のCクラスとEクラスでは縦置きされていたユニットだが、A200dのために横置きとし、Aクラスでは初めて8段と多段化されたツインクラッチ式変速機を組み合わせている。

質感の高い面を持つボディには白色もよく似合う(写真:LEON)

EU圏で2020年に施行されるきびしい排ガス規制(ディーゼルは「ユーロ6d」)を前倒しにクリアしている点は、特筆ものだ。排ガス中の窒素酸化物を窒素と水に分解するアドブルーと触媒の組み合わせは従来からのシステムだが、A200dではさらに触媒の数を増やして、ごく微量のアンモニアの排出まで抑制している。

正式な燃費は、2019年6月をめどに始まる納車前に発表される予定だが、日本で長い距離を走ったひとによる実燃費はリッターあたり25キロ前後とかなり良好だ。

ディーゼルの美点は、燃費と燃料代の低さと、それに低回転域からのたっぷりしたトルクにある。A200dではごく低い回転域をのぞけば、1500rpmあたりから力が盛り上がっていく感覚だ。実際に320Nmの最大トルクは1400rpmから発生する設定である。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 若者のための経済学
  • 本当に強い大学
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • インフレが日本を救う
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スクープ! 積水ハウス地面師事件<br>「封印された報告書」の全貌

「なぜ積水はだまされたのか」。2年前の地面師グループによる大型詐欺事件。謎を解く同社の内部資料を本誌が独自に入手した。だまされた積水が調査報告書の公開を拒む理由は。取引を承認した役員が現在も要職にある“闇”をいま明かす。