30年間無事故「シーサイドライン」逆走のなぜ

想定にない事態、直前までトラブルなし

車両基地に運び込まれた事故車両の一部。連結面がへこんでいる(記者撮影)

今年で開業30年、無事故で走り続けてきた新交通システムに想定外の事態が起きた。

6月1日、横浜市の新交通システム「金沢シーサイドライン」の新杉田駅(同市磯子区)で自動運転の列車が逆走し車止めに衝突、15人の負傷者を出した。

高い安全性を誇ってきた自動運転の新交通システムが突然逆走するという、運行会社側も「まったく想定していなかった」事故。全国にあるほかの自動運転路線の信頼性にも影響を与えかねない事故に、国の運輸安全委員会も調査に乗り出したが、原因究明は長引くとみられる。運行再開のメドはたっていない。

逆走は「想定外」

シーサイドラインは、横浜市南部の新杉田―金沢八景間約11kmを結ぶ新交通システム。1989年7月5日に開業し、1994年から無人の自動運転を行っている。2018年3月期の事業報告書によると、2017年度の1日当たり平均利用者数は約5万2400人だ。

衝突時の衝撃でめくれ上がったとみられる連結部分(記者撮影)

事故が起きたのは6月1日の夜。新杉田駅20時15分発並木中央行きの電車(5両編成)が発車する際、本来の進行方向とは逆側に向かって動きだし、停車位置から26.5m離れた車止めに衝突した。

衝突した最後尾の車両は、正面の窓下にあるライト部分のガラスなども割れておらず、それほど目立った損傷はないようにも見える。だが、反対側の連結面に目を移すと、隣の車両へ渡る貫通路の部分は床板がめくれ上がっている。中間車両は連結面の一部がへこんでいる様子も見られ、衝突時の衝撃がうかがえた。

次ページ無人運転を支える仕組み
関連記事
トピックボードAD
鉄道最前線の人気記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 最新の週刊東洋経済
  • 岐路に立つ日本の財政
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
新車販売の3割が自社登録<br>BMW「自爆営業」の実態

高級輸入車BMW。その国内販売店で今、大量の新車が中古車として売られている。日本法人が課した厳しいノルマで、ディーラーが自社登録しているのだ。本誌はBMWジャパンの強引な販売の証拠となる内部資料を入手。背景にも迫る。