30年間無事故「シーサイドライン」逆走のなぜ

想定にない事態、直前までトラブルなし

同線の列車はATO(自動列車運転装置)によって自動運転され、ATC(自動列車制御装置)が速度オーバーや先行列車への接近などを監視して安全を守る仕組み。車両に搭載したATO装置は次の駅までの距離や速度など路線の全データを記憶しており、このデータや地上側からの制御指令、車両の走行距離や速度情報などに基づいてATO装置が走行を制御する。

終点では、発車時間になると駅の地上装置(継電連動装置)がポイントの切り替えなど出発ルートを確保し、列車に進行方向の切り替えと出発の合図を出す。列車側に異常があれば発車できないシステムだ。逆走は想定されていないため、万が一逆向きに走り出した際に停止させる装置はないといい、列車は車止めに衝突したことで止まった。

オーバーランもなかった無事故車両

今後の事故調査で焦点になるとみられるのは、あり得ないはずの逆走に至った原因が車両側の異常なのか、あるいは地上側だったのかという点だ。

車止めに衝突した車両。一見すると目立った破損はないが、連結器はロープで固定されている(記者撮影)

現在シーサイドラインを走る車両は、2010~14年に導入された「2000形」。16編成あるが、会社によると、いずれも駅でのオーバーランを起こしたこともない。今回事故を起こした編成は、2000形の「41編成」。5月30日に行った目視での「列車検査」で異常は見られず、2017年に実施した走行部分などを分解整備する「重要部検査」でも異常はなかったという。

事故当日は、始発列車として新杉田を5時13分に出発。新杉田―金沢八景間を15往復し、事故を起こした新杉田20時15分発の並木中央行きで運行を終える予定だった。会社によると、事故発生前の運行中にトラブルは一切なかった。

次ページ路線延伸・ダイヤ改正の関係は?
鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本の分岐点 未来への対話
  • インフレが日本を救う
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT