「分かりやすい教え方」の技術 「教え上手」になるための13のポイント 藤沢晃治著

「分かりやすい教え方」の技術 「教え上手」になるための13のポイント 藤沢晃治著

他人に物事を教えるとはどういうことかを知る、端的な例が本書に掲載されている。

母親が娘にカレーの作り方を指導する場合がそれだ。今晩だけ作るなら、母親は手早く完成するように段取りをわかりやすく説明するだけでいい。一方、花嫁修業として将来のために教えるのなら、一つひとつの段取りの理由を説明し、娘の身に付くようにしなければならない。

これが伝えると教えるの違いだと言う。つまり、正解を知らせるだけではなく、相手に納得させ記憶に残させることが「教える」ことなのだ。ここが重要である。

効率的な教え方のハウツーを、コミュニケーション研究家として活動する著者がわかりやすく解説。

講談社ブルーバックス 840円

・Amazonで見る
・楽天で見る

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • はじまりの食卓
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 逆境からの人々
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
企業の成長に最も大切なものは<br>新浪剛史氏インタビュー

社員を追い詰めながら業績をひねり出すのではなく、「まずは理念の共有」が新浪流。ローソンから移って5年目、サントリーホールディングスの舵を取る辣腕経営者が、米ビーム社統合でも貫かれた「社員を大事にする経営」の神髄を語る。