ボルボ「XC90」のディーゼルは何がどう違うのか

大型SUVとディーゼルエンジンは「好相性」

また8速ATが巧みなマネージメントを行うことで、最大トルクをうまく使いつつ矢継ぎ早に変速していくので、力不足を感じずに効率のいい回転域で走れてしまう。この辺りは巨大トルク&多段化ATだからこその感覚で、無理なく力を得て燃費を犠牲にしない感じだ。

しかもそれが加速感にも現れており、軽やかな加速ながらもスッと速度が載っていく感覚があって爽快な味わいをもたらす。燃費はWLTCモードで13.6km/Lと、その車格を考えれば良好な数値といえるだろう。加えてXC90ともなると燃料タンク容量も大きいから、1タンクでの航続距離も長く、大型SUVにありがちな頻繁にガソリンスタンドに行かなければならない面倒くささも回避してくれる。

SUVでこそ光るディーゼルエンジン

一方で乗り味や走り味に関しては、もはや登場から時間が経過してだいぶ熟成が進んだ感がある。空港でクルマを受け取って走り出すと、まず印象として伝わったのが乗り心地のよさ。

今回の試乗車はエアサス仕様ということもあって、それがより顕著で、大型クルーザーに載っているかのような穏やかで豊かなクルージングを味わうことができる。路面の段差や継ぎ目もしっかりといなして、ゆったりとリラックスしてどこまでも身を任せたくなるフィーリングだ。

ボルボ「XC90」の後ろ姿(筆者撮影)

もっともタイヤサイズが20インチと巨大なこともあって、一度キツい衝撃が入ると足回りはそれなりにブルブルすることも。また静粛性に関しては当然悪くないレベルだが、ライバルがどんどん新しくなっていく中にあっては、さすがに2014年登場の古さはどこかにあるわけで、高周波のシャーというノイズが路面によっては結構入ってくる印象を受けたのだった。

とはいえオーバーオールで見れば、まさにフラッグシップSUVにふさわしいゆとりと豊かさを存分に兼ね備えた存在であり、そこに最近のボルボらしい洗練された内外装が与えられた魅力的な1台である。そしてここにディーゼルの魅力がプラスされる。

ディーゼルエンジンならではのトルクの大きさによる力強さと燃費のよさ(と足の長さ)は、SUVでこそ光るので筆者はつねに「SUVはディーゼルで乗るべし」と言っているが、今回のD5ではまさにこれまでのXC90になかったものを手に入れたモデルである。その意味でも、試乗してすぐに感じたとおり「これぞベストXC90」といえる1台だった。

自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • コロナショックの大波紋
  • コロナ戦争を読み解く
  • 財新
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
広告大乱戦<br>デジタル化で進む“下克上”

「ついに」か「ようやく」か。ネット広告費が初めてテレビ広告費を超えました。デジタル化の大波の中で、広告業界は“異種格闘技戦”の時代に。グーグルと組んで購買につながる広告商品を生み出したマツモトキヨシなど、激変期の最先端事例を紹介します。