環境問題を経済から見る 福島清彦著

環境問題を経済から見る 福島清彦著

「100年に一度」という表現には食傷ぎみだが、この本はエネルギー革命が起きているとの指摘だ。いずれなくなる石油、石炭、天然ガスなどの化石燃料からの移行を革命と位置づけ、1.二酸化炭素を出さない、2.再利用可能、3.最も低コストの3条件を満たしたものが、次世代の主要エネルギーになる方向に加速がついていると判断する。

そこにあるのは資源枯渇ではなく、地球温暖化の阻止、新投資による持続的な経済発展の観点だ。それだけ、欧州をその先進地域ととらえる。計画的に化石燃料時代を終わらせ、太陽光や風力発電など再利用可能エネルギーと原子力の時代へ、いち早く移行しようと、二酸化炭素の削減に早め早めに取り組んでいるからだ。環境・エネルギー技術を次の経済発展の原動力にしようと国を挙げて開発している点も評価している。

洞爺湖サミットで削減基準年と計算方式の変更を提案するような環境外交は失敗するとも警告する。

亜紀書房 2415円

・Amazonで見る
・楽天で見る

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>ガバナンス問われる英国原発

日立製作所が着々と進めてきた英国の原発計画。来年にはすべての認可を得て、進むか退くかの最終判断を迫られる。経済合理性は疑問だが、会長案件という思惑も絡む。今の日立はどう判断するか。まもなくガバナンス改革の真価が問われる。