空腹について 雑賀恵子著

空腹について 雑賀恵子著

空腹という状態は肉体的精神的社会的にどう分析されるだろうか。かねてそう思っていたら、そのものずばりのタイトルの本が出た。空腹についての脳神経学的解説が初めにちょっとあって、後は味覚、飢餓、残飯、食人、肉食、貧困などと話は広がっていく。

残飯については、江戸から明治にかけての風俗、社会経済事情という点で興味深いが、昨今の状況がもっとあれば現代的意味が深まったろう。飢餓では、特に日本軍の兵站にかかわる話が詳細に語られる。具体的に列挙される日米の軍用食メニューの差など、これだけでも日米戦の帰結は一目瞭然なことがわかる。

などと空腹をめぐる著者のうんちくは広がるが、体系的に語られるわけではない。晦渋な哲学的表現についていくのに苦労するところはあるが、数々の具体例は食の貧困化と飽食が交錯する現代において示唆的である。空腹を論じる以上、意識的な絶食の世界も論じたら面白かったろう。(純)

青土社 2310円

・Amazonで見る
・楽天で見る

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 見過ごされる若者の貧困
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日米の躍進銘柄を総まくり<br>発掘! 未来の成長企業

米国の株式相場上昇に目を奪われがちですが、日本でも未来を牽引する成長企業は確実に育っています。本特集では「新興成長企業」や「トップの通信簿」などのランキングを掲載。GAFAMやメルカリの次の新主役を探しましょう。

東洋経済education×ICT