悩める「青葉区オジサン」が集う理容室の秘密

都会の「3高」「50代」の迷いのループとは

海よりも深い悩みを抱える「青葉区オジサン」。そんなオジサンたちのお悩みを解決する勉強会が、とある理容室で夜な夜な開かれていた(写真:横濱さん提供)

横浜市青葉区、田園都市線のあざみ野駅から徒歩5分ほどの理容室。いつもは静かなこの場所が、2カ月に一夜、妙な熱気に包まれる。10畳ほどの空間を占拠するシャンプー台やカット台の合間に並べられたパイプ椅子に座って、中年男性15人ほどが缶ビールを片手に、熱心に講師の話に耳を傾けていた。

「いいですか~。もてるオジサンは話をするのではなく、話を聞くんですよ」。オジサンたちに「モテ術」を指南するのは30代のスナックの美人ママ。「いやいや、話さなかったら、どうやって自分の魅力を伝えるんですか」。参加者のオジサンの1人が真剣なまなざしで質問する。

この連載の一覧はこちら

この理容室で開かれるオジサンたちの勉強会「ほろ酔いセミナー」の1コマだ。オーナーの横濱晃治さん(45歳)が独立して、この地に1人で小さな理容室を立ち上げたのは2017年8月。以来、1対1で、中高年の男性客とじっくり向き合ってきた。

普段は寡黙で自分の悩みなど打ち明けることのない多くの男性が、理容室という「カウンセリングルーム」の中で話し上手な理容師と話すうちに、心の奥に閉じ込めていた思いを吐露する。客の「カミングアウト」に付き合ううちに、彼らの多くが「海よりも深い悩み」を抱えていることに気づかされるようになった。とくに振り子のように揺れているのが50代のサラリーマン男性たちだ。

50代オジサンたちの「お悩み」

「定年後どうしよう」「あと5年で退職だが、再雇用でつまらない仕事を続けるべきか」「家族とうまくいっていない」「もう出世はないし、仕事には行き詰まりを感じている。でも、家のローンもあるし」「子どもはまだ学生。やめるわけにはいかないが……」などなど。総じて言えば、「俺の人生、このままでいいのか」というお悩みである。

「俺だってまだできるんじゃないか、いや、できないんじゃないか、いや、できるかも……」という壮大な「逡巡のループ」にはまった彼らの苦悶に手を差し伸べることはできないかと、横濱さんが定期的に開いているのが、このセミナーだ。会社という「鳥かご」に長らく閉じ込められてきたオジサンたちが、定年後、ふたたび「社会デビュー」することができるように、地域との結びつきを深めたり、新しい仲間を作るきっかけにできないかと考えたのだ。

次ページお酒とおつまみ付きの「セミナー」
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 岡本幸一郎の自動車情報発信局
  • インフレが日本を救う
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
自動車「コロナ不況」が促す<br>部品業界サバイバルの行方

コロナ危機の自動車部品メーカーへの影響は、過剰な設備と人員を抱えていた日産系でとくに深刻。比較的堅調だったトヨタ、ホンダ系も無傷ではありません。世界レベルでの技術開発競争は激化の一途で、生き残りへの再編と淘汰が始まろうとしています。