新宿に実在した「昭和のディスコ」の強烈な記憶

昼間から中高生があふれるほど押し寄せた

バンプ大会の様子(写真提供:小畑仁<Back To The 80's東亜>)

1980年代、中高生の昼間のディスコ通いがブームに

元号は『令和』に変わり、徐々に平成も過去になっていく。昭和の時代はもう、はるか昔の出来事になった。

昭和では当たり前ことも、令和の今になって思うと

「そんなこと本当にあったの?」

という非常識な出来事だったりする場合も多い。

『新宿ディスコナイト 東亜会館グラフィティ』(東京キララ社)という、1980年代の歌舞伎町のディスコ事情を描いた本を読んで心底ビックリした。

当時は、昼間から歌舞伎町のディスコに、大勢の中学生~高校生が入りきれないほど押し寄せ、日々激しいダンスを踊っていたという。

僕は46歳なので昭和はまずまず覚えているが、そんなムーブメントがあったとはとんと聞いたことがない。そんな文化は本当にあったのか? あったとするなら、なぜそのような文化は生まれ、そして消えていったのだろう? 本の著者である、中村保夫さんにお話を伺った。

「確かに当時、昼間に中高生がディスコに通うブームはありました。最盛期は1984年から1985年にかけてです。1984年の12月にバンプ(後述)のコンテストがあったんですが、体感的にはそこがピークでした。年越しなんかはギュウギュウ詰めで、店の奥にいる人は出るのに3時間くらいかかったっていわれてます」

次ページ当時中高生にとって、歌舞伎町でディスコといえば…
関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 湯浅卓「トランプ政権の真実」
  • 埼玉のナゾ
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
頭脳争奪<br>中国が仕掛ける大学戦争

国の未来を左右するのは優れた頭脳。大国化した中国は今、その受け皿となる世界トップレベルの大学をつくることに驀進中だ。1つの象徴が深圳(しんせん)の南方科技大学。教育強国となった中国の戦略と、受けて立つ日本の危機感が浮き彫りに。