LINEを「バレずに既読」する方法が便利すぎる

一般の番号にLINEから電話する裏技もある

LINE Outは、LINEの「ウォレット」タブを開き、「関連サービス」の中にある「その他サービス」から、「LINE Out free」をタップして呼び出すことができる。ただし、階層が深いため、よく使う場合はこれだと不便。もっとスムーズに呼び出したいときは、「ホーム」タブをタップし、設定ボタンから設定画面を呼び出したあと、「LINE Out」をタップして、「ホーム画面に追加」を選んで、ホーム画面にLINE Outのアイコンを作成しておくといい。有料で発信する場合の「コールクレジット」も、この設定画面から購入できる。

3. 仕事中のやりとりに便利なPC版のLINE

スマートフォン専用アプリと思われがちなLINEだが、実はiPadやPCなどで使えるアプリも用意されている。アカウントが電話番号にひもづけられる仕組み上、原則として1つの端末でしか使えないLINEだが、PC版やiPad版は、iPhone版のLINEと同時に利用することが可能だ。仕事の合間にサッとキーボードでメッセージに返信したいときなどは、iPad版やPC版をインストールしておくといい。スタンプなど、iPhoneで購入したものもきっちり同期される。

ただし、通常、外に持ち運んで移動しながら使うアプリではないため、LINE Payなど、一部の機能には非対応になる。完全にiPhone版LINEと同じというわけではなく、あくまでiPadやPCに向かっているときに、サブとして使うためのLINEと考えておくようにしたい。

利用には、iPhone側のLINEで、他の端末からのログイン許可を与える必要がある。「ホーム」タブから設定アイコンをタップし、「アカウント」の中にある「ログイン許可」のスイッチがオンになっているかどうかを確認しておこう。標準ではオンになっているが、何らかの理由でオフにしてしまっていることもありえるからだ。

この設定が終わったら、iPad版やPC版のLINEを開き、あらかじめ登録したメールアドレスとパスワードでログインすればよい。相手からメッセージが送られてきた場合、iPhoneとiPad、PCに通知が同時に届く。逆に、こちらから送ったメッセージも、自動的に同期され、すべての端末に表示される。

iPhone版とPC版、iPad版は同一アカウントで同時にログインできる(編集部撮影)

また、LINEのオンラインストレージサービスである「LINE Keep」を活用すれば、iPhoneとiPad、Macで、簡単にファイルを共有できる。iPadで作成したメモをLINE Keepに保存しておき、iPhoneで参照するといった使い方も可能だ。

同様のことはアップルのiCloudでもできるが、LINE Keepは、LINEのトーク内でやり取りした画像やテキストなども、直接保存可能。アップロードしたファイルはLINEで友だちなどに送信できるほか、URLを発行してメールなどで共有することもできる。1GBまでと容量に制限はあるが、iCloudの予備として活用してもいいだろう。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • ポストコロナの明るい社会保障改革
  • 今日も香港から
  • ドラの視点
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。