東急大井町線「Qシート」、改善の余地は大きい

待合室がなく、予約変更は実質不可

東急電鉄が運行する「Qシート」の車両(編集部撮影)

東急電鉄が2018年12月から「Qシート」を運行開始して約5カ月が経過した。朝日新聞3月27日付記事『「痛勤」よ、さらば 数百円追加で着席、各社続々』の結びには東急のコメントで「Qシートの乗車率は9割と好調。増便、路線拡大も検討していく」とある。

乗車率9割となると、列車によっては満席となり、取りこぼした乗客もいるだろう。逆に5割を切るようでは費用対効果が薄すぎる。いっそ普通車両を増結して混雑を緩和したほうがいい。

しかし、実際に使ってみると、改善してほしい部分がいくつかある。「運行本数が少ない」「無料で変更できない」「大井町駅に待合室がない」「乗れない乗客に不快感を与えかねない」だ。

変更に払い戻し手数料

私は東急田園都市線沿線に住んでいる。遠方から東京駅経由で帰宅するとき、ふだんは丸ノ内線で大手町に出て、半蔵門線に乗り換えて、田園都市線に直通するというルートだ。しかしQシートが登場してからは、東京駅からいったん京浜東北線に乗り、大井町まで乗って、大井町線のQシートで田園都市線へ、というルートも選べるようになった。

スマホでQシートを購入すれば大井町から自宅最寄り駅まで座れる。だからQシートの誕生は大歓迎だ。さらに言うと、かつて住んでいた大井町線の旗の台駅から乗車する機会も多い。始発駅では次の列車を待てば座れる。しかし途中駅からはまず座れない。Qシートで席を確保すれば、途中駅からでも着席が保証される。

冬のある日、スマホでQシートを手配して、北陸新幹線で帰った。予定より早い列車に乗れたから、大井町駅に予定より早く着きそうだ。そこで1本早いQシートに変更しようとしたけれど、変更のメニューボタンがない。いったん払い戻して買い直した。払い戻し手数料は100円だ。

次ページQシート利用者の待合室がほしい
鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
世界の投資マネーが殺到<br>沸騰! 医療テックベンチャー

2020年に世界の医療関連ベンチャーの調達額は465億ドルと過去最高を記録。10年間で5倍に膨張し、米グーグルやアマゾン、アップル、さらには中国の巨大IT企業もこぞって進出中です。国内の有望スタートアップ21社も掲載した必読の最新ガイド。

東洋経済education×ICT