東急大井町線「Qシート」、改善の余地は大きい

待合室がなく、予約変更は実質不可

二子玉川で乗車不可、という仕組みが象徴的で、田園都市線の渋谷方面から混雑した電車から逃れ、二子玉川で降りてQシートに乗ろうとしても乗ることはできない。つまり、Qシートは大井町線迂回客を優遇する列車で、田園都市線地下区間の利用者は相手にしない。Qシートの趣旨からして当然だ。これはいいアイデアだと思う。乗客の流れを変えるために、ポスターで呼びかけ、車内や駅でアナウンスしたところで効き目は小さい。サービスのデザインで解決するという考え方は正しい。

しかし、これも実際の運用を見ると「東急ブランド」にとってこれでいいのか、と不安になる。Qシートの車内に専任車掌が2人。指定券の確認と座席の案内役だ。しかし、車掌がもっとも労力を割く場面は「お断り」である。大井町線内の乗車区間では、混雑する車両を避け、明らかに空いているQシート車に乗り込もうとする人がいる。そうしたお客様を断る役目が車掌だ。

東急電鉄って、こんな会社だったっけ?

プラットホームにも2人から数人の案内役がいて、指定券のない乗客をお断りする。丁寧で失礼のない態度だが、乗ろうとした電車に制止された側はいい気分ではなかろう。そもそも、なぜQシート車両のドアは4つとも開くのか。1つだけ開ければ、乗客との攻防戦は1カ所で済む。それを、4つのドアに2人の車掌で、モグラたたきゲームの様相を呈している。

Qシート車両のドア付近に立つ係員(編集部撮影)

Qシートのサービスが浸透すれば、こうした攻防戦も対応人員も減るかもしれない。しかし、それを期待する前に、ドア扱いを1カ所に絞る機能を設置したほうがいいように思う。

私は東急電鉄が好きだ。というより、東急電鉄が故郷だ。五反田駅付近の病院で生まれ、池上線の洗足池駅付近で育ち、中学高校時代は旗の台駅付近に住んだ。大学は長野に行ったけれど、就職してから会社の寮は世田谷線の世田谷駅付近だったし、その後は実家が多摩田園都市に移って、バスと田園都市線で通勤した。フリーランスになってから京急沿線に20年住んだけれど、また実家に戻った。20年前より家も店も増え、バス網も発達して住みやすくなっている。

次ページ「乗れません」とはいかがなものか
鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • フランスから日本を語る
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • この新車、買うならどのグレード?
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT