年始に立てた抱負を実現する人、しない人

なぜ、7割以上の人が抱負を実現しないのか

《やりたいと思うことをやっている自分を、つねに想像してごらんなさい。 まもなくあなたに奇跡がおきます》

と説くのは、かの有名なマーフィの法則。年始は気持ちがリセットされたタイミングで、やりたいこと=抱負を素直に想像しやすい時期と言えるでしょう。

職場で抱負を公言するメリット

さて、皆さんは今年の抱負を立てましたか? 最近は(年始に)社員が抱負を立てる機会を提供する職場が増えています。取材した食品商社は

「毎年の仕事初めで、全社員が今年の抱負を書き初めします」

ということ。また、あるWeb系開発企業では「自分の技術を詰め込んだWebサイトを立ち上げること」といった抱負を、社員同士で共有できる社内掲示板を開設したそうです。

ある外食企業では「今年中に店長になります」などと抱負を朝礼で宣言する機会を準備していました。

当方も若かりし頃、「営業で売り上げナンバーワンをキープする」と抱負を「書き初め」して、机の上に掲げたりしたものです。一見するとベタな取り組みですが、意外と、効果は絶大でした。心の中で独りで思っているだけの抱負は頓挫しても、誰も気づきません。それに対して、ほかの人に公表したり、社内で共有された抱負には、

「このままじゃ売り上げナンバーワンは難しいのではないの? 頑張って」

と、(監視する)目が存在するのです。マラソンで沿道の応援があると、疲れていても力が湧いてくるのと同じようなもの。抱負が共有されることは、あなたにとって、プラスに働く可能性が大きいといえます。

なぜ、7割の人が“抱負倒れ”になるのか?

ただ、現実には、年始に立てた抱負をぞんざいに扱っている人も多いようです。昨年立てた抱負は実現しましたか? 残念ながら、毎年のように実現できない人が大半のようです。

リビジェン社の調査によると、2013年の年始に立てた抱負を実現できたと感じている人は3割以下。そもそも、抱負を覚えていないと回答した人も1割近く。7割以上が実現できない抱負とはいったい、何のためにあるのか? 私が親しくしているエンタメ系の人事部長に尋ねてみると

・充実した1年を過ごしたい(具体性に欠ける)
 ・英語力をアップしたい(測定が難しい)

次ページ年度末で忙しくて、抱負どころではない?!
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • 「お金で損しない」森永康平のマネーリテラシー講座
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
年を取っても記憶力がいい人と低下する人の差
年を取っても記憶力がいい人と低下する人の差
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
12のスキルを完全レクチャ<br>ー! 無敵の話し方

ビジネスシーンで大きな武器になる「話し方」。スピーチや交渉、会議など12のスキルを徹底解説します。『世界最高の話し方』著者による共感力スピーチの極意、TED流のノウハウが2時間で身に付くプレゼン術、自民党総裁選候補者のスピーチ診断も掲載。

東洋経済education×ICT