年収2000万円世帯に「貯金ゼロ」が多い理由

高収入がいつまでも続くと思ってはいけない

フローに頼っているタイプからすると、「お金は使えば入る」という理屈ですから、貯めようというインセンティブがなかなか働きません。また、さまざまな富裕層向けマーケティングの上客対象となるため、お金を落としやすいのです。時間がないのでタクシーや時短サービスに余分にお金を払ったり、資産運用などを専門家に任せっきりにして損を出したりしがちです。もちろん「時は金なり」ですが、本当に投資コストがよいのかどうかを振り返ってみる必要がありそうです。

「強制的に貯金する仕組み」を作り手元資金を減らす

さて、こうした高収入で貯金ゼロの人は、どうやって貯めればいいのでしょうか。

1つは強制貯蓄です。私はあまり住宅ローンを組んだり、保険の平準払いするのはオススメしませんが、最終的に資産になるのであれば浪費で消えるよりはいいと思います。

また、つみたてNISA(積立型少額投資非課税制度)やiDeco(個人型確定拠出年金)など、強制天引きする仕組みを利用するのもありかもしれません。浪費家の口座から強制貯蓄をして、手元の余剰資金を減らしてしまうのです。そうすればストレスなく、残ったお金を支出できます。

『少子高齢化でも老後不安ゼロ シンガポールで見た日本の未来理想図』(講談社+α新書)書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします

また、カップルの場合、お金に強い方が管理するのがオススメです。夫婦のうち、片方が浪費家でもう一方がそれに悩んでいるカップルも少なくないようです。その場合、浪費家の口座から必要な支出を支払って、倹約家のほうの口座で貯める方法も考えられます。

また、資産家は法人などを活用して自分で使えるお金を限定させるなどの仕組みを考えることも多いのです。雇用形態にもよりますが、こうした仕組みを考えてみるのも1つかもしれません。

生活レベルを下げるのは大変なことですが、40代、50代など老後が見えてくると、こうした人たちも不安と焦りが少し見え始めるようです。「不安」という感情は、行動を起こすチャンスにもつながります。ダイエットと同じで家計を可視化して、メタボ家計を改善していく必要がありそうです。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、「新しい日常」への前進
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 就職四季報プラスワン
  • 見過ごされる若者の貧困
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日米の躍進銘柄を総まくり<br>発掘! 未来の成長企業

米国の株式相場上昇に目を奪われがちですが、日本でも未来を牽引する成長企業は確実に育っています。本特集では「新興成長企業」や「トップの通信簿」などのランキングを掲載。GAFAMやメルカリの次の新主役を探しましょう。

東洋経済education×ICT