奇想天外な映画が「旅は人生を変える」を教える

「スマホで書いた」フランスの人気小説映画化

なんとか翌日のデートの約束を取り付けたアジャ。だが、その夜、泊まるところがなかったアジャは、店の中のクローゼットの中で夜を明かした……はずが、そのクローゼットはイギリスのロンドンへと発送されてしまう。そこからアジャの奇想天外な旅が始まる。そしてマリーとの恋の行方は――。

世界を旅する一方で、さまざまな出会いや恋の行方にも注目 ©2018 Copyright BRIO FILMS-SCOPE PICTURES-LITTLR RED CAR-TF1 AUDIOVISUELS-SONY PICTURES ENTERTAINMENT FRANCE All rights reserved. Brio Films @Sébastien Bossi

原作は、フランス人作家のロマン・プエルトラス。「人生は片道切符1枚」と聞かされた彼は、いろいろなことを経験する人生を送ろうと決意した。フランスやスペイン、イギリスなどを行き来しながら、作曲家、語学教師、客室乗務員、ディスクジョッキー、サーカスの手品師、スロットマシーンの修理屋、航空管制官などに従事した。

これらの豊富な人生経験が、作家活動における糧になったのは間違いない。また、本作の原作となる『IKEAのタンスに閉じこめられたサドゥーの奇想天外な旅』は、国境警察本部の警部補として働いていたときにスマートフォンで執筆。それがフランスで大ベストセラーとなり、全世界30カ国に翻訳権が売れた。そして今回、映画化も果たし、その脚本も原作者自身が参加している。

本作のメガホンをとったケン・スコット監督は、2011年の公開作品『人生ブラボー!』で一躍有名になった。過去に精子提供を行った結果、533人の子供たちの父親であることが明らかになったグータラ男が、やがて父性に目覚めるようになるさまを描き出している。破天荒な設定でありながらも、ハートウォーミングな後味が特徴の同作は世界中で愛され、自身の手でハリウッドリメイクも実現した。

世界15カ国の実力派キャストが集結

本作でも、そんなコミカルな中に垣間見えるハートウォーミングなテイストは健在だ。また、物語中に、インド・ボリウッドの伝統的ダンスや、ミュージカル的なシーンが挿入されるなど、現実とファンタジーをうまい具合にミックスさせた語り口は、観客を物語の世界へと誘ってくれる。

主演はインド映画界期待の星、ダヌーシュ ©2018 Copyright BRIO FILMS-SCOPE PICTURES-LITTLR RED CAR-TF1 AUDIOVISUELS-SONY PICTURES ENTERTAINMENT FRANCE All rights reserved. Brio Films @Sébastien Bossi

主人公のアジャを演じるのは、インド国内で公開された40本以上の映画に出演するインド映画界期待の星・ダヌーシュで、監督、歌手、プロデューサーとしても活躍するなど、幅広い才能を見せつけている。ちなみに彼は、日本でもインド映画ブームを巻き起こした大ヒット作『ムトゥ 踊るマハラジャ』で主役を務め、「スーパースター」と呼ばれるラジニカーントの娘・アリシュワリヤー・ラジニカーントと結婚している。インドではラジニカーントファミリーの一員としても知られている。

ダヌーシュは、どんな状況にもしっかりと向き合って、前向きにチャーミングに生きていく主人公に魅せられたといい、「すばらしいメッセージをユーモアたっぷりに伝えている脚本だった。僕のキャリアにとっても、これまでないほどの将来を約束してくれる作品なんだ」と語っている。

また、世界各国を旅してまわる作品ということで、『アーティスト』で第84回アカデミー賞助演女優賞にノミネートされたベレニス・ベジョや、メル・ギブソン主演作『ブラッド・ファーザー』に出演したエリン・モリアーティ、『キャプテン・フィリップス』で第86回アカデミー賞助演男優賞にノミネートされたバーカッド・アブディなど世界15カ国の実力派キャストが集結。国際色豊かな本作を彩っている。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • コロナショック、企業の針路
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。