中国の成功した男は、なぜ愛人を囲うのか

中国の夫はつらいよ(中)

――そういえば家事なんかはどうしています? ご夫婦ともに仕事は忙しいですよね。

:うん、だから週末にちょっとやるくらい。彼女が料理したら、僕が皿を洗うとか。でも外食が多いですね。掃除もあまりしてないので、家の中は雑然としていますよ。

――お手伝いさんをやとったりは?

:そこまで広い家じゃないし、僕の両親がすぐ近くに住んでいるので、子供の世話なんかは親にも手伝ってもらっています。

友人妻:中国人カップルで、夫婦ともに何も家事ができなくて離婚したという話も聞きます。本当に何もできない人、けっこういますよね。

:僕は、それは口実だと思うな。ずっとやってこなかったから、やらないことが習慣になってしまっているだけだと思う。実際、やってみたらそんなに難しいことではないでしょう。

――私の知り合いの中国人男性で、外資系メーカーの研究部門のトップをしている人は、「男にとって家事をするのは能力の浪費」と言っていました。年は沈さんと同じくらいです。

:その考え方は一般的とはいえないけれど、気持ちはわかります。僕も奥さんが専業主婦で、家計を自分ひとりで支えていたら、家事はしないでしょう。

――その男性は、「能力のある男性は家庭の外に女がいるものだ」とも言っていましたね。

:それは中国の歴史と関係があるでしょう。昔から権力者や大商人は愛人を何人も囲っていました。彼がそう言うのも、別に不思議なことではないです。今どきの成功した中国人男性は多かれ少なかれ、この彼と同じような考えでしょう。

だから成功した男性に嫁ごうという女性は、心の準備をしておくべきです。経済的な心配がない代わりに、結婚生活ではちょっとだけ我慢をすることになる。でも奥さんがほんの少し目をつぶれば、家庭はうまく収まります。成功した男性はみなそう考えていると思いますよ。

――沈さんも愛人囲いたい?

:いや、まあ、実のところ本音を言えば……。

――だから中国の女性は、「社会にも家庭にも安全感がない」と言うんですよ!

:いや、でもすごく成功したらの話です。

――奥さんは同意します?

:説得しますよ!

友人夫婦:説得って何(笑)。

:家庭を壊すつもりはないことをちゃんと説明します。金持ちは基本的にみな愛人を囲っているけれど、正妻は正妻、愛人は愛人です。女性を囲ったからといって、それで家庭を壊すつもりはありません。正妻の地位は絶対です。

――それで奥さんが納得しますかねえ。

:経済的に自立した今の女性には、受け入れがたいかもしれないですね。でも僕だって最初から「愛人を持つぞ!」と宣言して、相手を探すわけじゃないです。ばれたときに、一生懸命説得するのです。

ただそもそも、僕はそこまで成功しているわけではないので、愛人を持つ資格は今のところありません。

友人夫:沈さんだってかなり儲かっているほうだと思うけれど、子供の教育にはすごくカネがかかるから、そうそう遊んでもいられないよね。特に沈さんが住んでいるのは北京でもトップの進学エリアだから、教育費はいくらあっても足りないでしょう。

次ページ中国のカラオケは、日本のキャバクラ
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 財新
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • コロナショック、企業の針路
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。