54歳「京大中退」の彼が漫画家人生を選んだ理由

村上たかしの「星守る犬」はこうして生まれた

「仕事がなくなりました。子どもは、上の子が小学5年生、下の子が3歳でした。

それまでは大阪に住んでいたんですが、嫁の実家である東広島市に引っ越そうと思いました。たびたび里帰りしていたんですが、帰るたびによくなっていく街でした」

そもそもは単純な田舎町だったが、広島大学が移転してきてからはインフラが整備され始めた。本屋ができ、喫茶店ができ、シネマコンプレックスができた。

発展はしているが、里山としての自然はしっかり残っていて、タヌキ、キツネ、キジなどの動物もいた。

少子高齢化が進む現在の日本で、若年層の人口が増えている珍しい地域だった。

「これは子育てにピッタリな地域だなと思って引っ越しました。大阪に住むより家賃などはずっと安くなりました。

しかしその頃が漫画家としてはいちばん厳しい時代でした。『本当にあった愉快な話』(竹書房)の月1連載しか仕事がない時期がありました」

長いの描いてみてください。ギャグなくていいんで

2007年には、ハローワークに仕事を探しにいった。大学は結局中退だし、漫画家はほぼ職歴として評価されない。40代の村上さんに、仕事はまったくといっていいほど見つからなかった。

「そんな中見つけた仕事が、メダカの選別でした」

東広島市はメダカの生産で有名だ。生まれたてのメダカを選別していく仕事があったので、応募した。

「でも『目が悪いからダメです』って断られました。ああ、ほんとに仕事ないんだなと認識しました。それから各誌に仕事ないですか?と営業をかけました。そんな中拾ってくれたのが、双葉社の『漫画アクション』でした」

『漫画アクション』で始まった『ぎんなん』はあまり人気にはならず2巻で終わってしまった。担当編集者は村上さんに

「今回は終わりますが、村上さん、ストーリー漫画描いてみませんか? 8ページでは描き切れないことがあると思います。長いの描いてみてください。ギャグなくていいんで」

と言った。

「ストーリー漫画を描くなんて考えもしませんでした。ストーリー漫画っていわば、漫画の王道ですよね。そもそも学費を稼ぐために『どうやったらちゃんとした人に勝てるか?』という変則的な形で始めましたから。ストーリー漫画が描けるとも思っていませんでした」

次ページ「僕に、ストーリー漫画が描けますかね?」
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 地方創生のリアル
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
NHKの正体<br>膨張する公共放送を総点検

受信料収入が5年連続で過去最高を更新し、ネット常時同時配信への進出を見込むなど肥大化が進むNHK。一方でガバナンスに問題を抱えており、公共放送としての存在意義が問われている。事業体としてのNHKの全貌を総点検した。