金融商品とどうつき合うか 仕組みとリスク 新保恵志著

金融商品とどうつき合うか 仕組みとリスク 新保恵志著

金融商品を元銀行員の大学教授が解説した。類書と違うのは「金融教育」の重要性に触れて、知識の身につけ方を丁寧に教えた点だ。

著者は金融商品の取引で大損をした人を調べた。60歳以上で、遺産相続や退職金などで突然大金を手にしたが、金融知識に乏しい人が多かった。また大学生への簡単な金融知識のテストでは正答率6割前後と「物足りない」結果だった。これらの人々はそろって「学ぶ機会がなかった」と、述べたという。米英と異なり日本では学校教育で金融商品を教えず、企業も啓蒙活動に熱心ではない。

投資が社会に必要でリスクがあることを、一般人に理解させる金融教育が大切であると、著者は強調している。

岩波新書 735円

Amazonで見る
楽天で見る

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • 井手隊長のラーメン見聞録
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • コロナショック、企業の針路
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
広告大乱戦<br>デジタル化で進む“下克上”

「ついに」か「ようやく」か。ネット広告費が初めてテレビ広告費を超えました。デジタル化の大波の中で、広告業界は“異種格闘技戦”の時代に。グーグルと組んで購買につながる広告商品を生み出したマツモトキヨシなど、激変期の最先端事例を紹介します。