金融商品とどうつき合うか 仕組みとリスク 新保恵志著

金融商品とどうつき合うか 仕組みとリスク 新保恵志著

金融商品を元銀行員の大学教授が解説した。類書と違うのは「金融教育」の重要性に触れて、知識の身につけ方を丁寧に教えた点だ。

著者は金融商品の取引で大損をした人を調べた。60歳以上で、遺産相続や退職金などで突然大金を手にしたが、金融知識に乏しい人が多かった。また大学生への簡単な金融知識のテストでは正答率6割前後と「物足りない」結果だった。これらの人々はそろって「学ぶ機会がなかった」と、述べたという。米英と異なり日本では学校教育で金融商品を教えず、企業も啓蒙活動に熱心ではない。

投資が社会に必要でリスクがあることを、一般人に理解させる金融教育が大切であると、著者は強調している。

岩波新書 735円

Amazonで見る
楽天で見る

関連記事
トピックボードAD
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • スナックが呼んでいる
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
携帯料金は4割下がる?<br>「高い」の根拠を徹底検証

菅官房長官の「4割下げられる」発言の数値的根拠は正当か? やり玉に挙がるキャリア3社の携帯通信料金の解明に担当記者が挑む。結論は「高いとはいえないが、キャリアは儲けすぎ」。取られすぎと感じる人必読の渾身リポート。