経済学はこう考える 根井雅弘著

経済学はこう考える 根井雅弘著

「経済学を学ぶ目的は、経済問題に対する一連の受け売りの解答を得ることではなく、いかにして経済学者にだまされるのを回避するかを知ることである」と記す、ケインズの愛弟子で唯一の女性のノーベル賞候補だったJ・ロビンソンは、徹底した新古典派総合批判、フリードマン批判でも有名だった。死後、合理的期待形成仮説が覇権を握ることによって、ケインズと新古典派の「接合」を図った新古典派総合も結局瓦解し、自らケインジアンと称する学者は少数派に転落する。

いまは通説とされている学説でもいつかは乗り越えられるかもしれない。過去の偉大な経済学者の例をあげつつ、京大教授が学問の楽しさと同時に難しさを伝える。

ちくまプリマー新書 714円

Amazonで見る
楽天で見る

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 就職四季報プラスワン
  • 山本シンヤが迫るクルマ開発者の本音
  • 中学受験のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
海外進出、そして株式上場へ<br>新日本プロレスの復活と野望

どん底の2000年代を経て鮮やかなV字回復を果たしたプロレス界の雄。キャラクターの異なるスター選手を複数抱え、観客の4割は女性だ。外国人経営者の下、動画配信や海外興行など攻めの姿勢を見せる。株式上場も視野に入ってきた。