達者でポックリ。 帯津良一著

達者でポックリ。 帯津良一著

PPKつまりピンピンコロリが理想であることは間違いない。それには死に頃、死に時があるという本書の主張は一見、過激だが、言われてみればそのとおりだ。80歳まで元気良く過ごし、最終局面へ向けて生命場のエネルギーを高めたあと、約1週間で著者の言う「虚空」へ一気に飛び立つのがよいのだという。

そのためには「攻めの養生」だけでなく、病気になったらなったでどのように元気でいるかが問題になる。永年の医師体験をもとに対症療法よりも、体全体をホリスティック(包括的)にとらえる医のあり方が良しとされる。気あるいは精神を重視し、休肝日は不要、タバコも少量なら大いに結構、など常識的でない主張が多々あって心強い。

痴呆から遠く介護も受けず80歳よりは長生きできればとは思うが、実践的にも大いに参考になり、元気づけられた。活字も老眼向きに特大で、前期後期高齢者およびその予備軍には格好の書である。(純)

東洋経済新報社 1365円

詳しい紹介ページはこちら
Amazonで見る
楽天で見る

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 中原圭介の未来予想図
  • 男性学・田中俊之のお悩み相談室
  • トクを積む習慣
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
進撃の商社<br>純利益1兆円への野望

資源価格の反発で総合商社の業績は絶好調、非資源での新規ビジネス創出にも余念がない。純利益1兆円突破への期待も出てきた今、商社の実力を総点検する。5大商社のトップがそろい踏み、「人材編」にはイラストで各社のキャラ解説も。