達者でポックリ。 帯津良一著

達者でポックリ。 帯津良一著

PPKつまりピンピンコロリが理想であることは間違いない。それには死に頃、死に時があるという本書の主張は一見、過激だが、言われてみればそのとおりだ。80歳まで元気良く過ごし、最終局面へ向けて生命場のエネルギーを高めたあと、約1週間で著者の言う「虚空」へ一気に飛び立つのがよいのだという。

そのためには「攻めの養生」だけでなく、病気になったらなったでどのように元気でいるかが問題になる。永年の医師体験をもとに対症療法よりも、体全体をホリスティック(包括的)にとらえる医のあり方が良しとされる。気あるいは精神を重視し、休肝日は不要、タバコも少量なら大いに結構、など常識的でない主張が多々あって心強い。

痴呆から遠く介護も受けず80歳よりは長生きできればとは思うが、実践的にも大いに参考になり、元気づけられた。活字も老眼向きに特大で、前期後期高齢者およびその予備軍には格好の書である。(純)

東洋経済新報社 1365円

詳しい紹介ページはこちら
Amazonで見る
楽天で見る

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 最新の週刊東洋経済
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 女性の美学
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ナベツネが腹を割って語る<br>政治、そしてメディアの未来

読売新聞主筆として93歳の今も、社論をまとめる要の役割を果たしている渡邉恒雄氏。安倍首相と定期的に会食するなど、なお政治のキーマンでもある。歴代の首相を知る同氏は現在の政治とメディアをどう見ているのか。本誌編集長がインタビュー。