「70歳以上」まで働いても年金額は増えない?

複雑な「年金と年齢」の関係をすっきりさせる

60歳定年、再雇用65歳は当たり前。今や70歳超でサラリーマンをしている人も多い。併せて年金の受給開始年齢や加入期間は、どう変わっているのか?(写真:Fast&Slow/PIXTA)

「厚生年金加入、70歳以上も」「厚労省が納付義務を検討」――。

4月16日付の日本経済新聞朝刊、こんな見出しのトップ記事を見て驚いた方もいらっしゃると思います。70歳以上も厚生年金に加入できるようにして、保険料の支払いを義務付けることを検討する……という内容です。

でも、これは「年金の支給開始年齢が引き上げられる」という話ではありません。公的年金に関しては、何か記事が出るたびに、マイナスイメージに受け取られることが多いのですが、実際にはさまざまなことがごっちゃになっていて、十分理解されていなかったり、誤解されていたりする部分も少なくありません。ここで、年金をめぐる最近の動きを整理してみたいと思います。

年金の受け取り開始の年齢が「75歳」に延長される?

以前も「公的年金の受け取り開始年齢を75歳まで延長検討」という内容の記事が出たときに、「年金は75歳からしか受け取れないのか!」と驚いた人も多かったでしょう。これも実は誤解です。

現在、年金受け取り開始は原則65歳になっているものの、実際は60歳から70歳までの範囲で好きなときから受け取りを開始できます。受け取りの年齢(時期)を早めるほど月々の受給額が減り、遅らせるほど増えますが、記事は「75歳まで」その選択の幅を広げようと検討を始めた、というだけのことです。

次ページ「60歳」定年後、再雇用で働く場合の年金はどうなる?
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • コロナショック、企業の針路
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 西村直人の乗り物見聞録
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激震! 不動産<br>大荒れ市況を徹底分析

コロナショックが直撃したのは、ホテルや大都市に立地する商業施設です。一方、郊外の商業施設や物流施設は需要増に沸いています。分譲マンションやオフィスビルの先行きには不透明感が漂います。不動産業界における明と暗。その最前線に肉薄します。