上原浩治 ケガや試練超えた「反骨心」

「無理」を、狙え!

メジャー志向を公言しての巨人入り、度重なるケガ……。「無理」を前にしても限界を作らず、世界一の頂に上り詰めた。
引退するときが最高形と心に誓い、今日も挑戦者として野球と向き合う。

昨年12月中旬、午前9時ごろ。冷え込みが体に刺さる都内のグラウンドに上原浩治(38)は姿を現した。ゆっくりとしたペースでのランニングのあと、45メートルの遠投をこれもゆっくりと繰り返す。約3時間のトレーニング後は自宅に戻り、1時間強かけて体のケアを行う。シーズンオフでも体を完全に休めることはない。そうしなければ、世界の一線で戦い続けることはできない。トレーニングを共にするパーソナルトレーナーの内窪信一郎(32)が言う。

プロ入り2年目に左太ももを痛め、以降はケガとの闘いにも苦しめられてきた。試合後、体のケアに時間を割くように(撮影/写真部・東川哲也)

「今年はいつも以上に長く野球をやっていたので11、12月は体をリカバリーする時間。1月に本格的なトレーニングをするための準備段階です」

誰よりも長いシーズンを戦い、そしてワールドシリーズを制覇する。野球人なら誰もが憧れるシナリオを、上原はその右腕で引き寄せた。シーズンを、こう総括する。

「驚きの一年でした」

2013年、1年半在籍したテキサス・レンジャーズをFAとなり、前シーズン借金24で地区最下位に沈んだボストン・レッドソックスを移籍先に選んだ。上原はそこで抜群の安定感を示す。シーズン当初は中継ぎ(セットアッパー)だったが6月以降はリードしている試合の最後を締めるクローザーに定着。救援投手としてはメジャー史上2位となる37人連続アウトなど記録を連発した。

緻密なコントロールでシーズン中与えた四球は9個(うち2個は敬遠)、ポストシーズン13試合で与四球はゼロ。地区優勝シリーズ、リーグ優勝シリーズ、ワールドシリーズの決定戦すべてに登板し、最後の打者をすべて空振り三振に──プロ生活15年目で最高のシーズンだったことは間違いない。

何も変えていない やってきたことの積み重ねが表れた

上原は、言う。

「何も去年から変えていることはない。これまでやってきたことの積み重ねが出たということ」

メジャー入り後の上原の成績は浮き沈みを繰り返してきたが、その大きな要因は度重なるケガだった。大リーグ評論家の宇根夏樹が語る。

「メジャー入りしてからもこれくらいの数字は常に出していたが、今年1年フルに働けたことが何よりもよかった」

次ページ初めて頭をよぎった「引退」
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • あふれる独自性 ニッポンのすごい研究者
  • 本当は怖い住宅購入
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT