敵を友人に変える「ニューロハックス」の威力

UCLA医学部教授が教える「脳をだます」技術

「これまでのビジネスは全部失敗してきた。次もダメだろう。自分はどんな商売をしても失敗する」という自己認識を抱いていると、本当に将来的に失敗しやすくなる。自己啓発書を読み、“自分は失敗しない”と言い聞かせるだけでは、このネガティブな思考パターンからは抜け出しにくい。新しいビジネスを始めても、経営が厳しくなった途端、自動的に過去の失敗を思い出してしまうからだ。

ニューロハックスでは、心を変えようとするのではなく、まず行動から始める。行動によって心をリセットし、“私はいつも失敗してばかりだ”という自己イメージを変えていくのだ。

例えば、“親切な人になりたい”と頭で考えるのではなく、困っている人を実際に助けてみる。そうすることで、親切な人になれる。そこでつくられた自己認識によって、親切な人であり続けることは簡単になる。

これがニューロハックスの基本的な考えだ。これは心をリセットするための簡単な心理的トリックだ。それまではできなかった方法で自分自身を捉えられるようになり、それまではできなかったことを続けられるようになる。これは自分にも他人にも使える。

行動を振り返ることで、心をリセットする

ニューロハックスは、自分に対してだけではなく、他人にも使える。相手に過去の行動を振り返らせ、それまでとは違った視点を持たせることで、以前はできなかったことをできるよう仕向けられるのだ。

例えば、ニューロハックスによって、「自分は高級品を使う人間だ」という自己イメージを抱かされた人は、そのイメージを保つために「プレミアムサービス」のような高額な製品を買い続けるようになる。

ニューロハックスは、次の2つの心理的プロセスによって人の行動を継続させる。

①人は、誰かに強いられることなく自ら選択して何かをしているとき、それを重要な行動だとみなす。
②人は、過去の行動を振り返ることで自らのアイデンティティを形成する(自己イメージの一部となった行動を続けようとする)。
次ページニューロハックスを用いたベンジャミン・フランクリンの話
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
  • 御社のオタクを紹介してください
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 住みよさランキング
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
銀行員の岐路<br>30万人の明日はどっちだ

超低金利、過剰な店舗、デジタル化対応にフィンテックの台頭。大きな課題に直面する銀行の苦悩は、岐路に立たされる銀行員たちの姿でもある。3メガバンクの人事改革、銀行員の転職事情、地銀決算ランキングなど、銀行員必読の特集。