ショーン・ヤング
カリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)医学部教授

UCLAデジタル行動センター(CDB)およびカリフォルニア大学予測技術研究所(UCIPT)創設者兼エグゼクティブ・ディレクター。その活動は、ニューヨークタイムス紙、ワシントンポスト紙、ハフィントン・ポスト、サイエンス誌、NPR、Yahooファイナンス、TechCrunch、マッシャブル、CNN、CBSニュースなどの大手メディアで紹介された。スタンフォード大学心理学博士、ヘルスサービスリサーチ修士。南カリフォルニア在住。

※このプロフィールは、東洋経済オンラインに最後に執筆した時点のものです。
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
テレワーク総点検<br>コロナで広がる働き方格差

緊急事態宣言下で当たり前になった「テレワーク」。業種や職種によって実現度合いに大差がつき、この数週間で働き方の格差が広がったといえるでしょう。在宅勤務の課題を総点検し、コロナ後の働き方を考察しました。