ボルボ「XC40」発売1年でも絶好調が続くワケ

今年に入っても納車まで9カ月待ちの状態

2018年12月に開催された「日本カー・オブ・ザ・イヤー2018-2019」の最終選考会でイヤーカーに選ばれたボルボ「XC40」(撮影:風間仁一郎)

スウェーデンのボルボ初のコンパクトSUV(スポーツ多目的車)がXC40だ。ボルボにはほかに、XC90、XC60というSUVがあるが、XC40は最も小型のSUVである。2018年3月に日本市場へ導入されたXC40の爆発的人気が、国内はもとより世界でも止まらない。

東洋経済オンライン「自動車最前線」は、自動車にまつわるホットなニュースをタイムリーに配信! 記事一覧はこちら

日本では、発表当初に設定されたファーストエディションと呼ばれる限定車が、発売時点ですでに完売の状況であった。そして、正式発表後に受注したクルマは納車が6月以降という人気ぶりで、昨年内の納車は2000台ほどだったが、なお1000台以上の受注を抱えていた。そして2019年に入っても、注文しても納車まで9カ月待ちの状態である。

こうした状況の背景にあるのは、XC40の世界的な人気によるところが大きい。大柄なクルマが好まれるアメリカでも人気が出て、日本市場へ配分される台数が、日本での活況を受け割増しされたにもかかわらず、なお受注に応じきれない状態が続いているのである。

XC40の魅力について、詳しくは後述するが、高い評価を裏付けるものとして、発表後間もなくの欧州カー・オブ・ザ・イヤーを受賞し、その後、日本のカー・オブ・ザ・イヤーも受賞したことに表れている。

国内外で高評価

しかも、日本では前年のXC60に次いで2年連続の受賞であった。日本カー・オブ・ザ・イヤーは、輸入車に対し別枠でインポート・カー・オブ・ザ・イヤーの特典を設けているが、国内外の新車すべての中から最高の栄誉となるカー・オブ・ザ・イヤーをボルボは2年連続で獲得し、その1台がXC40ということなのである。ほかにも、日本カーデザイン大賞のゴールデン・マーカー賞・量産車部門もXC40は受賞している。

XC40が国内外を含め、いかに高く評価されたクルマであるかがうかがえる。では、何がそれほど人々の心を惹きつけるのか。

次ページ創業以来、提供してきた価値とは?
関連記事
トピックボードAD
自動車最前線の人気記事
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • 360°カメラで巡る東京23区の名建築
  • ブックス・レビュー
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
脱炭素時代に生き残る会社<br> 独自調査で測る各社の「本気度」

地球温暖化の危機的状況を受け、「エネルギーシフト」の奔流が渦巻いている。日本企業も再生可能エネルギーの調達に本腰を入れ、「脱炭素経営」に舵を切り始めた。主要108社が回答した独自アンケートなどから、生き残りのカギを探る。