ファミマは3位、これではインフラ価値がない

来期出店も1500超、ファミマ社長が語る拡大戦略

――2014年4月の消費増税の影響は。

それはあるだろうが、克服できるはずだ。たとえば398円のお弁当。中身を変えたり、品目を少なくしたりすることもあるかもしれないが、低価格の商品を求めるお客様がいるので、絶対に残す。

なかやま・いさむ●1957年生まれ。81年伊藤忠商事入社、米国出向などを経て、2012年常務執行役員・食料カンパニーエグゼクティブバイスプレジデント兼食糧部門長。13年1月に当社社長就任

逆にチャンスなのは、専門店が値上がりしたから、同じような物はコンビニで買おうと考える人が流れてくること。その一つがコーヒーで、専門店から集客する。

また、高品質の「プレミアムシリーズ」を強化していきたい。あとは、おにぎりを振り塩にしておいしくするなど、ベーシックな部分を改善する。

これらを強化することで、店が磨かれると同時に消費税対策にもなる。

――2004年に進出した中国は1000店を超え、黒字化が見えてきた。

この下期で黒字になるはずだ。ただ来期も黒字かというとわからない。さらに店を増やして地域も拡大したいので、先行投資のコストがかかる。ただ、どうすれば黒字化するのか、というパターンはもうつかめた。

"化学反応"が起きるビジネスを模索

――ほかの海外拠点の状況や、新たなエリアへの出店計画は。

タイも1000店を超え、さらに拡大していく。ベトナムやインドネシア、フィリピンの黒字化にはもう少しかかる。新しいエリアへの出店も検討はしているが、基本的にアジアだ。

――今後、ファミマはどう進化していくのか

2012年にシニアライフクリエイトを買収し、高齢者への宅配サービスを始めた。コンビニとの相性がよく、化学反応が起きている。ほかにも相性のいいものがないか、検討しているところだ。

ドラッグストアやスーパーとの協業も始めた。ヒグチ産業と組んで始めたドラッグストア一体型店舗では、客数が2倍、売り上げが1.5倍ぐらいに増えたところもある。これはドラッグストアとコンビニの客、両方を取り込んで成功している例だ。駅構内への出店や自動販売機での物販にも取り組んでいる。いろんなサービスをそろえ、すき間なく提供できるようにしていきたい。

(撮影:梅谷秀司)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 今見るべきネット配信番組
  • コロナ後を生き抜く
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT