毒と薬のひみつ 齋藤勝裕著

毒と薬のひみつ 齋藤勝裕著

薬は時として毒になる。たとえば副作用もなく安全な睡眠薬として世に出たサリドマイドには、初期の妊婦が服用すると催奇形性があり日本でも多くの被害者を出したことは周知のとおりだ。しかし今またサリドマイドはすぐれた抗がん剤、ハンセン病治療薬として注目されている。

名古屋工業大学教授の著者は「薬は常に毒になる機会をうかがっており、毒は薬として名誉挽回の機会を待ち望んで」いるという。毒と薬は分子構造としてはまったく同じもの、つまり使い方ひとつ。薬だからといって安心せず、また毒だからとこわがりすぎず上手に付き合うために必要な知識を、歴史上の逸話などを交えてわかりやすく教えてくれる。

サイエンス・アイ新書  999円

Amazonで見る
楽天で見る

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 貧困に喘ぐ女性の現実
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 若者のための経済学
  • 「日本の外交」超入門
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
背水のフジテレビ<br>500日の苦闘

日枝会長が退き宮内新体制が発足してから1年半。増益に転じたが視聴率は低迷を続ける。長寿番組の打ち切りが象徴する大胆な編成改革に加え、組織もコストも抜本的に見直した。背水の陣を敷く同社の人間ドラマを追う。