日本にノーベル賞が来る理由 伊東乾著

日本にノーベル賞が来る理由 伊東乾著

昨年4人の日本人が受賞したノーベル賞に関心が高まる中で、「なぜ来たのか」を過去の例にも触れながら解説した。著者は作曲家、指揮者でありながら、東大准教授を務める理系研究者だ。

日本人はノーベル賞に卓越した業績が必要と「勘違い」しているが、実際には欧州の科学界の価値観が反映し、流行にも左右される。またアメリカ以外で、自国で教育を受けた科学者が受賞を続ける日本は例外的で、「世界で誇っていい」と強調する。

日本人の受賞理由を調べると「非欧米」「平和国家」という2点の期待が背景にあるという。これらの強みを活かし「共に生きる未来」を科学で世界に提案することが日本の国家戦略になると訴える。

朝日新書 735円

Amazonで見る
楽天で見る

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • 不妊治療のリアル
  • 就職四季報プラスワン
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大物経営者でも容赦なし<br>株主総会で支持率低下続出

LIXILグループなど、株主総会における株主提案が存在感を増している。取締役選任決議を独自に調査し、否決5人を含む賛成率の低い30人と、対前年で賛成率悪化幅の大きい200人のリストを掲載。社外取締役に対する株主の視線は厳しい。