日本にノーベル賞が来る理由 伊東乾著

日本にノーベル賞が来る理由 伊東乾著

昨年4人の日本人が受賞したノーベル賞に関心が高まる中で、「なぜ来たのか」を過去の例にも触れながら解説した。著者は作曲家、指揮者でありながら、東大准教授を務める理系研究者だ。

日本人はノーベル賞に卓越した業績が必要と「勘違い」しているが、実際には欧州の科学界の価値観が反映し、流行にも左右される。またアメリカ以外で、自国で教育を受けた科学者が受賞を続ける日本は例外的で、「世界で誇っていい」と強調する。

日本人の受賞理由を調べると「非欧米」「平和国家」という2点の期待が背景にあるという。これらの強みを活かし「共に生きる未来」を科学で世界に提案することが日本の国家戦略になると訴える。

朝日新書 735円

Amazonで見る
楽天で見る

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 買わない生活
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT