鳥の仏教 中沢新一著

鳥の仏教 中沢新一著

チベットに伝えられる「鳥の仏教」と呼ばれる経典の翻訳を通じた仏教思想の入門書。カッコウに化身した観音菩薩が、森の深奥でほかの鳥たちとともに教えを語り合う物語の中に、「仏教思想のエッセンスがほぼ満遍なく網羅」されている。あわせて掲載されている解説に、著者の深い理解が示される。

鳥たちの語り合いには、世界は無常であること、死はいつやってくるかわからないこと、心を汚す行いから遠ざかることの大切さ、の三つの教えが通奏低音のように響く。人々ではなく鳥たちが話し合うことによって、あらゆる有情(心の働きをもっている存在)に対する慈悲の精神を説いているようでもある。読み進むうちに、以前いまひとつわかりにくかったダライ・ラマ14世が語る言葉に納得がいったから不思議だ。

木部一樹による20点の鳥の装画・挿画には、その鳥たちの心の内面も映し出されているようで、これも美しい。

新潮社 1470円

Amazonで見る
楽天で見る

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • 家族の法廷から
  • はじまりの食卓
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
企業の成長に最も大切なものは<br>新浪剛史氏インタビュー

社員を追い詰めながら業績をひねり出すのではなく、「まずは理念の共有」が新浪流。ローソンから移って5年目、サントリーホールディングスの舵を取る辣腕経営者が、米ビーム社統合でも貫かれた「社員を大事にする経営」の神髄を語る。