鳥の仏教 中沢新一著

鳥の仏教 中沢新一著

チベットに伝えられる「鳥の仏教」と呼ばれる経典の翻訳を通じた仏教思想の入門書。カッコウに化身した観音菩薩が、森の深奥でほかの鳥たちとともに教えを語り合う物語の中に、「仏教思想のエッセンスがほぼ満遍なく網羅」されている。あわせて掲載されている解説に、著者の深い理解が示される。

鳥たちの語り合いには、世界は無常であること、死はいつやってくるかわからないこと、心を汚す行いから遠ざかることの大切さ、の三つの教えが通奏低音のように響く。人々ではなく鳥たちが話し合うことによって、あらゆる有情(心の働きをもっている存在)に対する慈悲の精神を説いているようでもある。読み進むうちに、以前いまひとつわかりにくかったダライ・ラマ14世が語る言葉に納得がいったから不思議だ。

木部一樹による20点の鳥の装画・挿画には、その鳥たちの心の内面も映し出されているようで、これも美しい。

新潮社 1470円

Amazonで見る
楽天で見る

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT