VWが打ち出した電動化時代の「クルマの形」

バッテリーEVの販売構成を40~50%引上げへ

今回公開した「ID.BUGGY」の後ろ姿(筆者撮影)

2020年に発売を開始する「ID.」ではMEB(モジュラーエレクトリックドライブマトリックス)と呼ばれるBEV専用のプラットフォームを採用する。MEBは、コンパクトカーからSUV やミニバン、そして小型の商用車(GVW2t程度)に至るまで、幅広いセグメントでの活用を想定したマルチ設計思想のもと開発された。

ジュネーブモーターショーではそのMEBを採用したID.ファミリーの一員として、「ID. BUGGY」が世界初公開された。フォルクスワーゲンが1960年代に世に送り出していた「デューンバギー」をモチーフに、現代風にアレンジしたデザインをまとって登場。ご覧のとおりオープントップで天井がなく、ドアもない。目玉のようなヘッドライトとその色合いからカエルを思わせる愛くるしいスタイルだが、このままの状態で発売されるかどうかは微妙なところ。ID. BUGGYの公開にはMEBを採用することでこうした遊び心あふれるBEVが少量生産ながら実現可能であることを知らしめる意図があったと判断できる。

自動運転技術との親和性

また、MEBと自動運転技術との親和性についてフォルクスワーゲンのフランク・ウェルシュ氏は「プラットフォームの要素技術は、すでに発表している自動運転車両SEDRIC(SAEレベル4以上を実現可能)と同じだが、MEBではレベル2+(ロバスト性の高いレベル2)あたりを中心に開発を行っている」と語った。

フォルクスワーゲンのフランク・ウェルシュ氏(筆者撮影)

さらに会場では、MEBが外部に供給されることも発表された。最初の供給先はドイツに籍を置く「e.GO Mobile AG」だ。e.GOは、2018年6月開催の国際情報通信技術見本市「CEBIT2018」(ドイツ・ハノーファー)でもフォルクスワーゲンブースの隣にブースを構えており、当時から電動車両開発に関する協力関係があった。

このMEBの外部供給について、どこまでの分野が供給されるのかという質問を前出のヨースト氏にぶつけてみると、「MEBが車両として機能する部分まで供給する」と答えるにとどまった。BEVでは要となる、例えばバッテリーマネージメントやコネクティッド技術の供給に関する言及はなかった。しかしながら、こうしたサードパティにもMEBが供給されることで、「2025年までに年間100万台以上のBEVを販売する」(ディース氏)としたフォルクスワーゲンの目標達成には確実に一歩近づくことになる。

自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 最新の週刊東洋経済
  • 御社のオタクを紹介してください
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ストロング系チューハイの光と影
ストロング系チューハイの光と影
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT