次世代高速無線通信が商用化へ、ゲームなど携帯以外にも用途拡大

今年から2.5ギガヘルツ帯を利用した新たな次世代高速無線通信サービスが商用化される。

現在の携帯電話が最大で毎秒7.2メガビッドの受信スピードなのに対し、最大40メガビッド(サービス開始時)を実現。WiMAX(ワイマックス)技術で2007年に事業免許を取得したKDDI系のUQコミュニケーションズは「2月末に首都圏で試験サービスを開始し、夏に商用開始する。モバイルサービスはエリアが命だから、基地局設置は前倒しでいきたい」(UQの田中社長)と意気込む。携帯では10年以降にLTEという高速通信が導入されるだけに、先行メリットを生かしたいところ。

LTEが通信キャリア主導で標準化された技術なのに対し、ワイマックスは産業機器メーカーが主体というのも特徴。ゲーム、カーナビなど多様なデバイスへの内蔵・搭載が期待されている。ワイマックスのチップセットを組み込んだPCの展開も大きな狙いの1つといえる。

UQではサービス開始時にデータカードを提供するが、ネットワークという“土管”を提供するインフラ業に徹する方針。すでに70社超と協議中で、通信インフラの利用に関心を持つ企業は多数あるという。携帯以外の産業機器への普及や新端末誕生が、市場拡大の成否を決めそうだ。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • コロナショック、企業の針路
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「賃料補助」は焼け石に水<br>飲食店を追い込む“遅い政治”

多くの飲食店経営者が自粛要請に応じています。政治に求められるのは救済プランの素早い策定ですが、与野党案が固まったのは5月8日。せめて第1次補正予算に盛り込まれていれば――。永田町の主導権争いが、立場の弱い人たちを苦しめています。