急増する「お一人様」はホテルに歓迎されるのか

一人旅は「宿泊料金」が割高になるのは本当?

実際に10階のエレベーターホールに降り立つと、日本初の花時計である神戸三宮の花時計をイメージしたしつらえになっており、客室の内装も女性をイメージしたカラーリングになっている。

レディスフロアのエレベーターホールの「花時計」をイメージしたインテリア(筆者撮影)

備品も大きなミラーと両サイドにライトの入った使いやすいドレッサーや、ハイヒールで疲れた足をもみほぐすフットマッサージャーなど、女性に喜ばれるものが用意されている。レディスルームは、通常のスタンダードクラスの部屋と比べて、1人あたり1000円ほど料金が高めに設定されている。

また、三宮REIホテルは改装にあたって、レストランをカフェのような雰囲気にして、お一人様でも入りやすくするとともに、クラフトビールや一品料理も増やし、ちょっと飲んでちょっと食べるといったニーズにも応えられるようにしたという。

お得に予約する方法はあるのか?

ちなみに、宮﨑氏に部屋をお得に予約する方法はあるのかという質問をすると、

レディスルームには女性が過ごしやすい備品なども取りそろえた(筆者撮影)

「料金は需給のバランスからかなり変動します。例えば、ツインの部屋が余っているようであれば、高い割引率でお一人様利用を誘導することもあります。

また、以前は当日になると料金を落とすことがありましたが、今は必ずしもそうではありません。早割でご予約されているお客様に不利益が生じないように、その値段を見てのボトムレートのコントロールになります」と、オペレーションの難しさをにじませる。

さて、今回の取材を通じて浮かび上がってきたのは、颯爽(さっそう)と一人旅を楽しむ女性の姿だ。男性ももちろん一人旅を楽しんではいるのだろうが、ホテルなどのサービスに関してはなんとなく女性一人旅の影に隠れてしまっている印象を受ける。男性一人旅に関しても、もう少し後押ししてくれるようなプランを用意してくれないだろうかというのが、取材を終えての感想だ。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • iPhoneの裏技
  • コロナショック、企業の針路
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
自動車「コロナ不況」が促す<br>部品業界サバイバルの行方

コロナ危機の自動車部品メーカーへの影響は、過剰な設備と人員を抱えていた日産系でとくに深刻。比較的堅調だったトヨタ、ホンダ系も無傷ではありません。世界レベルでの技術開発競争は激化の一途で、生き残りへの再編と淘汰が始まろうとしています。