増税を恨むスズキ、戦いは第2幕へ

鈴木修会長「来年は受難の年」

画像を拡大
鈴木会長の次の一手に注目が集まっている

次の焦点となっているのは、2015年10月以降の導入が予定されている、自動車の環境性能に応じた新たな課税制度だ。

現在も、環境性能に優れた自動車を購入した場合に自動車取得税と重量税を減免する制度として、「エコカー減税」が設けられているが、これは2015年(取得税は3月末、重量税は4月末)までの時限措置となっている。新たな課税制度については、燃費のよい車を優遇する恒久的な税制が導入される見通しだ。

新ジャンル開拓がカギ

税制大綱には環境性能課税について「自動車税の取得時の課税として実施すること」と明記されており、車を購入した初年度のみを対象とする制度になると見られる。税率などの制度設計はこれから。軽自動車は全体的に燃費のいい車が多いだけに、スズキはこの環境性能課税での負担軽減を訴えていくことになる。

今年1月から12月の軽自動車の販売台数は210万台前後と、7年ぶりに過去最高を更新する見込みだ。ただ、2014年4月の消費増税も控えており、「来年は受難の年。全体需要も減るだろう」(鈴木会長)。

軽自動車市場のさらなる拡大には、税金をはじめとした維持費の安さだけではない新しい需要の開拓が不可欠。その意味でも、軽SUVという新しいジャンルに挑むハスラーの販売動向は、今後のスズキを占う試金石となりそうだ。

(撮影:大塚一仁)

自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 本当は怖い住宅購入
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
トレンドライブラリーAD
人気の動画
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
不祥事続く三菱電機、「言ったもん負け」の特異体質
不祥事続く三菱電機、「言ったもん負け」の特異体質
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
私大トップ校の次の戦略<br>早慶上理・MARCH・関関同立

受験生確保や偏差値で高い水準を誇る関東・関西のトップ私大13校。少子化や世界との競争といった課題に立ち向かうための「次の一手」とは。大きく揺れる受験動向や、偏差値や志願倍率と比べて就職のパフォーマンスが高い大学・学部なども検証します。

東洋経済education×ICT