山田邦子「女芸人の未来開いた」偉大すぎる功績

「お笑い史上最も売れた」彼女の孤独な戦い

「唯一天下を取った女芸人」と言われたほどの山田邦子だが、その裏に隠された孤独に戦ってきた彼女の素顔に迫る(写真:つのだよしお/アフロ)  
平成の終了まで、あとわずか。この31年間、島田紳助や上岡龍太郎の引退、人気番組『笑っていいとも!』の終了など、お笑い業界にも大きな変化があった。「日本で最初にブレークした女芸人」こと山田邦子の登場も、その1つ。平成の世を駆け抜けたお笑い芸人の歴史と事件を振り返った『教養としての平成お笑い史』(ラリー遠田・著)から、一部抜粋してお届けする。

「お笑い史上最も売れた芸人は誰か?」というのは難しい質問である。だが、「お笑い史上最も売れた女芸人は誰か?」と問われたら、1人の名前が真っ先に思い浮かぶ。

ピーク時には週14本のレギュラー番組を抱え、8社のCMに出演。映画、ドラマの出演も多数、CDや小説を出せば軒並みベストセラーに。NHKの「好きなタレント」調査では8年連続で女性部門1位を獲得。本人の話によれば、当時の月収は約1億円。

女芸人の質・量ともにかつてないほど充実している現在でも、全盛期の彼女の実績を超えられそうな人材は見当たらない。女芸人史上最強のモンスター、それが山田邦子である。彼女はその圧倒的な実績から「唯一天下を取った女芸人」と言われている。

だが、ピークを過ぎると人気は下降線をたどり、あっという間にテレビで見る機会が激減してしまった。その人気凋落のきっかけの1つとなったのは、週刊誌で報じられたテレビプロデューサーとの不倫騒動だった。

「好感度No.1タレント」としてみんなの人気者だったはずの山田が、一転して激しいバッシングの対象となった。頂点に上り、そして落ちていく中で、彼女は何を思っていたのだろうか。

山田邦子の原点は「教室芸」

山田邦子は、中学から短大まで「お嬢様学校」と言われる私立の川村学園に通っていた。バスガイドのものまねやレコード大賞の授賞式のものまねなどのネタを披露して、クラスメートを笑わせていた。女子校で自分と似たような感性を持つ同性のクラスメートを相手に披露していた「教室芸」が、彼女の原点になっている。

彼女はその芸を武器にして、高校時代から素人参加型のお笑い番組に片っ端から出演して、賞金稼ぎをしていた。

それがプロデューサーの目に留まり、『野々村病院物語』(TBS系)というドラマで看護師役として抜擢されることになった。ほぼ同時期に『笑ってる場合ですよ!』(フジテレビ系)の芸人オーディションのコーナーでも5週勝ち抜きを果たし、プロの芸人になる資格を得た。

それからわずか半年後の1981年には『オレたちひょうきん族』(フジテレビ系)のレギュラーに抜擢された。ここでは男芸人たちに交じって「ひょうきん絵かき歌」というコーナーを担当したり、歌手のものまねなどを披露したりした。芸達者で紅一点の彼女は、何でもありのこの番組でその才能を開花させた。

次ページビートたけしの代打として大抜擢
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 若者のための経済学
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日産・西川社長辞任の衝撃<br>ルノーとの対立が再燃も

株価連動型報酬を不正に上乗せして受け取っていた西川社長が辞任を発表した。対ルノーの防波堤だった同氏の退場は、日産の独立性を揺るがしかねない。ゴーン時代の有力な後継者候補が去り人材難の日産。次期社長の人選が将来を決める。